震えるほど儚く

好きなアイドルがたくさんいます

余裕にもっとかわしたい

 

関ジュあけおめ終了~~~!! いやぁ、凄い時間だったなぁというか、これは去年のあけおめの時にも感じたことではあったんだけれどもこのメンバーでやる関ジュコンは最後なのかもしれないなぁ…と思う所が節々にあったような気がする。 ファンセレクトの曲を回替わりでいくつか歌って、例えばファンキーなお兄さん達とか、14年オーディション組がオーディション曲だった君にHITOMEBOREをあんなにカッコよく歌いこなして見せたりとかはそれの最たるもののように映って、うーん、ほとんどもうそれは個人的な願望なんだけど、その時はもう本当に本当に近しい所にあるんじゃないかなぁと感じる瞬間が結構あった。ずっと大事にしてたものを奥の方にあった引き出しから取り出して、こんなものもあったね、こんなものもあったねと振り返ってるような。 こじとあパンぱんだキュートな狂気でこわかった 

 

りとるのファンセレクト曲がA.D.D.I.C.Tで本家を全く知らないけどび~で見たことあるやつ!!!!という印象だったのとそうだよねぇカッコイイやつやりたいよねぇととあちゃが曲に憑依していて人殺す目つきで踊ってたのが大変ぐっときた。パブリックイメージ的に言うと目をきらっきらさせながらくしゃっと笑う、とにかく澄み切ったきらきらのイメージがあるからこそ、こういう曲の時の目の中に光が入ってこないような顔つきにパンパン変化していけるのとんでもない強みだ…あとリップがティントみたいで可愛かった

 

ビクゲ・GoL・新曲のNO LIMITと西のお家芸的群舞曲があったのもやっぱり高揚感が上がるというかこれこれ…関西ジャニーズJrの超サイコーなやつ!!!!!みたいな急に拳突き上げて超能力に目覚めたいみたいなワクワク感がたまらなかったなぁ…GoL→NO LIMITは立て続けだったんだけど揃い踏みの赤衣装は圧巻だったのと、NO LIMITの始まりがちゅんとかみちとか末規ではなくニシタクの3,2,1のカウントでそこから明らかに景気が良くないと出来なさそうなバンバン特効使う感じで始まるのもまた、割と出始めのところで推されないと前に行くのが困難な関ジュにおいてグングン出世を果たしたウェスタンドリームの最たるものを見ているようで熱い気持ちになる。りとるの話ばかりになってしまうけれど、きっとこのあけおめが未来への集大成だったとしたら、きっとバトンを渡されるのはりとるじゃない…それに西の真ん中に立つニシタク、超見たいしその系譜にもういると思ってる。最後の挨拶も各グループからひとりずつでりとるはふうがさんだったんだけど、「リトかんごとではありますが2021年はリトかんで城ホ埋めます」って言ったの痺れたなぁ…常々自粛中の手紙企画なり、各コンサートの挨拶なりでちらちらしてたけどふうがさんの言葉の選び方はやさしくて語り口もおっとりしてるんだけどグッとくるようなことが飛び出してきて気持ちがふわふわする。文字よりも、声で聴くと何倍も言葉が素敵になるひとだなぁと。

 

なによりも、この状況下で何事もなく一応終了できたの、嬉しいねぇ