震えるほど儚く

好きなアイドルがたくさんいます

ロシちゃんの新曲を聴いた

 

https://www.youtube.com/watch?v=5wiW60inhgw

 

ポコポコと音がする可愛らしい夏ソングだ…しかもチャニョルちゃんがフューチャリング…2人の声の相性も良くて聞いていてずっと心地の良い感じがストレスなくリピートして聴ける感じでなんだか安心感があるなぁと思った。夏と海と可愛いお洋服と美味しそうな食べ物と青空と花火…と夏満喫の要素にあふれたハッピーなものがたくさん描写としてはあるのにロシちゃん自身はずっとひとりで、途中で''寂しさを感じずにひとりで旅をするには''というちょっとしたコミカルなトリビア的なテロップが入ってわざと2人分のごはんを注文したり誰かに呼びかけられた風を装ってみたり、カップで乾杯してる風の写真を撮ってみたりあくまでもポップに、それでいてそういう映え的なものの風刺にも見えるような描写が少しシニカルで。

見ていてくすっと笑えて夏のきらめきや楽しさや切なさもある、良い夏気分ソングではあると思う。

 

新曲も素敵だけど個人的には去年に出したBEEの方が好みだったかな。程よく軽くて抜け感があって、なにより音楽番組でパフォーマンスしている時のくるくる変わる表情が引き込まれるのでロシちゃんには踊って欲しい願望がある。音楽番組出演時のスタイリングもシンプルな組み合わせながら素敵。

https://www.youtube.com/watch?v=oWvlaPsFRj4&feature=share

このメイキングフィルムもずっとどこかシニカルでキュートな感じがあるのはMV監修がデジペディならではかも。

 

https://www.youtube.com/watch?v=MXchpi-f1Qc&feature=share

https://www.youtube.com/watch?v=39SiKkF6Mio&feature=share

ステージで映えるお洒落さのある人だなぁと思う。確かるーなのリプ嬢やチュウちゃんとハンリムの同級生ということでいつかどこかで絡むなり1曲コラボするなりしてくれないかしら…と淡い期待を抱いている。チュウちゃんの歌唱力、ロシちゃんのお洒落な歌声、リプ嬢の蜂蜜声のアクセントの融合性はかなり気になる。

 

 

 

 

 

Breakthroughとドリキャを考える

 

昨日配信見た直後で感情のままに書いていたらなんか支離滅裂でよく分からないし、何となくきちんと春松竹で披露された2曲のことについて考えてみたくなった。

 

  • Breakthrough

昨日の公演のアフタートークで、曲名のBreakthroughは「ブレークする」とかかってるという話があって。この話が飛び出した時にコミカルさの中に隠れたその本気がちらちら見え隠れする感じも敢えて隠さないその心意気も向上心たっぷりでこっちはただ話聞いてるだけなのに何か一つ意志を持って立ち上がったような気分になった。その熱さの分だけ楽しそうで遠回りがなんだ、自分で選んだ未来に負けてたまるかというその意思がフルスロットルで溢れてくる感じがたまらない。だって多分この人たちは自分で選んだ未来にもこの先起こるかもしれない絶望にも負ける気なんて微塵もないんだわ…きっと。後ろ指差すならお好きにどうぞ、的歌詞も痺れたなぁ…これドリアイAぇ公演で聴けるであろうとなんて素敵なんだろう。こういう強い前向きな意志のある歌を楽しそうに良い顔して歌われるとシリアスなバラードよりほろほろ来ちゃうのでこれはグッときちゃうだろうな…。Another Tomorrowとか君からのエールとかスパロケを聴くとにこにこしながらほろほろしてくるのと同じなんだろうと思う。本当は春に初披露だったとは思うんだけど、夏にこの歌を浴びると熱さときらめきが増すのかきらきらしてて熱くて楽しそうなのでこんなの最高だなぁ。どんな荒波もこの歌と希望がAぇを引っ張りあげてくれる気がする。

 

  • ドリキャ

これはもう夢の継承だな~~~と思う。もう関ジュの意志やそのきらきらとした夢がまた受け継がれいく瞬間を目にした。Aぇが一列目で始まることも途中でりとかんちゃんたちが一列目に立つ瞬間があって、終盤ではちびたちが一列目にやって来てという瞬間もあるの、未来が未来を渡してまたその未来が未来をぎゅっと握りしめているようでなんと言ったらいいか分からなくなってきたけれど、さぁ、君も一緒に夢を叶えていこうね、と歌い継ぐものであり大事にぎゅっと握りしめていくものなのかな。Aぇ座長の春松竹の場ということはあれど、メインで歌っていたオリジナルメンバーがひとりもいないドリキャというのも継承を感じて、しみじみと。''共に叫んだこの夢を''を松竹座で歌う意味を噛み締める。夢を追う苦しみを知り、仲間のあたたかさを知り、その仲間たちと夢を掴む。この歌のままにみんなきらきらとしたら夢を叶えてほしいな。みんな叶えて欲しいなんて我儘かもしれないけれど幸せになって欲しい。あわよくばみんな。諦めずに掴み取ってほしい。次の時代への夢を繋げてくれた歌がまた次に繋がるしぎゅっと大切にして離さないでいてくれる歌なんだと思う。

 

この情緒でりとかんちゃんメインの公演を見たらまた分かりやしない未来に目を向けてほろほろ来るんだろう。いずれきっと先頭に立つからこそのひとつの根幹になるのかも。

 

 

 

Aぇ!groupがbrakeしそうですねん?!を見た

 

 

やっと春が来たんだなという気分だった。もともと春松竹で初座長を務める予定だった演目が今日と明日のたった2日間だとはいえ、きちんとフィナーレを迎えて夏に繋げられるんだなぁ。

 

例年通りコント中心の春松竹。横山さんが演出に関わり、物語内でもミヤザキさんが登場したり、途中で斗亜ちゃんの水たまりに映る僕ネタが挟まれたり小ネタが充実しているのもクスっとさせられる。オープニングもいつものアー写ドーンじゃなくてコミカルかわいいにされていて、テンポよく進んでいってあんなに長い時間ひとつのコントを見ていたとは思えないほどのスピード感。タイトルにもあったbrake、ブレークではなくブレーキしそうですねん?!の要素もそういう事か…!!という感じ。ちびたちのエッセンスもかわいい。色んなことが起こる中で、とにかく刑事ものパロのシーンが面白くてシニカルだったのと、Aぇりとかんの刑事パロは絶対見たい。ドラマで。りとかんちゃんたちもそれぞれ良い立ち位置で5人揃って登場するんだけど、とにかく登場した瞬間の風雅のふわふわ金髪にびっくりしたのと、こたちゃんがかなり声張って頑張ってた…殻を打ち破った感じ…こたちゃんすごい!終始斗亜ちゃんが○○こわい!みたいな感じできゅるきゅるしてるキャラクターでみんなにめろめろに甘やかされているのがちょっとあまりにも可愛かったんだけど、豹変して目ひんむいて大晴ボッコボコに殴るサイコパスになった時は大拍手しちゃった…美しい人の演じるサイコパスってあまりにも''良い''…いつかそういう役をガッツリ演じて欲しいな…あとは岡ちゃんと奥村くんがかなり良い役どころで見たことないくらいたくさんのセリフを貰って大活躍してたことが本当に嬉しくて…岡ちゃん中盤ずっと叫んでるし、後半ロッケンロール・岡ちゃんの人格が憑依したりこんなにフィーチャーされるの初めてなんじゃないかと思うくらいで、これまで諦めずに腐らずに頑張ってきたことの結晶だな…

 

以前ショータイム部分は情報局で配信だったこともあってか、歌は2曲だったんだけど、まず、歌がやりたい!と申し出たAぇが突然新曲の''Breakthrough''を歌うんだけどまぁ…この希望が失われたような時代に現れた底抜けに明るくて前向きなのに押し付けがましくなくて曇った心をパッと晴らしてくれるような希望に溢れた歌で、それをなんとも良い顔してとっても楽しそうな顔して歌うの…ほんとうにいい顔してた…歌詞をほとんど覚えられなかったんだけど、「負けるもんか 自分で選んだ未来に」みたいな歌詞があったのが本当に思わず心が熱くなった…あまりにも優しくて強い未来への決意表明の仕方だなぁ。

 

そして最後、ノッフィナを歌うんだろうと思っていた。ショータイムでも歌っていたし。ドリキャのイントロが流れてきた時は本当にこの人たちはなんて曲の選び方するんだろう…と思った。ドリキャ初披露時にメインどころで歌っていなかった君たちが1列目で歌うこのストーリー性の凄さ。西畑くんの歌い出しを正門くんが歌い出した時、これが時代の変わり目か…と思った。ドリキャ初披露のあの頃もある時代の変わり目だったとすれば確実に今もなにかが変わる時なんだろうなと。りとかんちゃんに与えられたソロパート、終盤で前に出てくるちびたち。新時代の音がする。りとかんちゃんたちがソロパート歌う時のAぇの表情もなんだかしみじみとさせられる。継承だ。りとかんちゃんたちが関ジュ先頭を走り、また次の世代へバトンを渡さんとするような時代も来るんだろうな。パートこそなかったけれどダンスソロを貰えた岡ちゃん奥村くん。君たちの明るい未来だって来てもわらなくちゃ困るんだ。こんなに素敵で魅力に溢れているのに。

多分、るうくちゃんが「確かな声が」でこたちゃんが「ほら見つめて」

斗亜ちゃんが「追いかけるほど離れてく遠く消えそうな幻」

ニシタクが「それでもまた、こんな風に」

風雅が「分かち合えるものがあるのなら」をそれぞれ与えられていたと思うんだけど、感慨深すぎてなんと言葉を向けたら良いか分からなくなってくる。きっと君たちが未来を投げられて大きなものを背負って歩く日はそう遠くないのだろうな。きらきらしていてまだまっさらで、未来は明るいな。きっと。

 

 

 

Super Mの追撃がやってくる

 

f:id:pcypcy:20200810213744j:image
f:id:pcypcy:20200810213740j:image

 

Super M来た~~~!!!!!ヨルクは…???という思いが無きにしも非ずではあるけれど、単純にデビューアルバムのめちゃくちゃ日刻みティザープロモーションとか単純に桁違いの気合いの入れ方とコンセプト作りがワクワクして超ハイカロリーなところが楽しかったので今回のプロモーションも超期待しちゃうな…

 

SuperM on Twitter: "Super One : #LUCAS Says 🔗 https://t.co/BbZGNCbPu8 #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #TAEMIN Says 🔗 https://t.co/BbZGNCbPu8 #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #TAEYONG Says 🔗 https://t.co/BbZGNCtqSI #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #KAI Says 🔗 https://t.co/BbZGNCbPu8 #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #TEN Says 🔗 https://t.co/BbZGNCtqSI #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #MARK Says 🔗 https://t.co/BbZGNCtqSI #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

SuperM on Twitter: "Super One : #BAEKHYUN Says 🔗 https://t.co/BbZGNCtqSI #SuperM #SuperOne #WeAreTheFuture #SuperMTheFuture… "

 

メンタリー風形式でひとりひとりが心持ちであったり大切にしている根幹てきなものに触れているの、とても素敵な形だと思う。銃を構えるべきょんさんの「恐れるな」、ずっと全速力で走り続けてきたマークの「ゆっくり歩いてみよう、文字通り踊りで世界に色を付けるテンの「ダンスをすることは自分自身を表現するということ」、EXOのセンター・メインダンサーカイの「僕はただ楽しいから踊る」、NCTを先頭で引っ張るテヨンの「何百回もあの時羽を羽ばかせたことが今の僕を作りあげた。」ずっと第一線を走るテミンの「更なる大きなゴールへ向かって信念を持って頑張る」、太陽のような愛らしいルーカスの「恐れや緊張が楽しみや興奮へと変わるまで」とそれぞれの視点で語る言葉たちがなんともグッと心を掴まれるし短いながら映像もそれぞれの個性や世界がじんわり滲み出ていて上手い。やはり色んな意見はあるし同意するところもあるけれど、このコンテンツ、楽しんだ者勝ちなのだと思う。世界を救うスーパーヒーローっぽさというより裏世界のアベンジャーズっぽさが前回に引き続きあるのもただのエリート集団っぽくなくて良い。

 

ただ1つ苦言を呈するならグループティザーというのか言葉が正しいのかはわかないけれどあの集合写真、最近のえっせむお気に入りの車!!バイク!!カーレーサー!顔!!見ろ!!みたいなあまりに単純明快っぽさとコンセプトの被りが凄まじくてあまりにも安直…あとは正直に言うと最近の一辺倒なあの車推しは全く素敵なものだとは思えない…車の宣伝してるんじゃないんだから…MVでバイクが並んで出てきたらキレてしまうかもしれない…お願いだからその道だけは歩むな。あれだけのクリエイティビティに富んだ人たちや時代の先を行こうという気概があるんだから…

 

 

 

 

 

 

夏のHiHi Jetsを侮ることなかれ

 

 

 

井上瑞稀「荒ぶる季節の乙女どもよ。」に出演します! | ISLAND TV

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。【ドラマイズム公式】 on Twitter: "荒ぶる乙女たちを取り巻く \📚男性キャスト一斉解禁📣/ 典元泉役 #井上瑞稀 さん 天城駿役 #前田旺志郎 さん 杉本悟役 #田川隼嗣 さん 三枝久役 #鶴見辰吾 さん 山岸知明役 #古川雄輝 さん #ドラマイズム 「#荒ぶる季節の乙女どもよ 。」9/8(火)放送開始! MBS 24:59 TBS 25:28 #荒乙… https://t.co/0UGsr09QAN"

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。【ドラマイズム公式】 on Twitter: "🚃役柄紹介 典元泉:#井上瑞稀 (#HiHiJets )さん 和紗(#山田杏奈 )の隣家に住む幼なじみ。中学に入ってから急に背が伸び始め、モテ始めた。 ある日、和紗に“とある行為”を目撃されてしまい、二人の関係に変化が訪れる… 鉄道が趣味。 #ドラマイズム #荒乙 #9月8日放送スタート… https://t.co/n1uroeZ2hV"

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。【ドラマイズム公式】 on Twitter: "✉️ #井上瑞稀 (#HiHiJets )さん からコメント #ドラマイズム #荒乙 #9月8日放送スタート… "

 

みっじゅ、荒ぶる季節の乙女どもよ 出演おめでとう~~~!!!!!

ドラマだよ、みっじゅ結構なメインキャストだよ~~~!!!!!10代のおわりに学園ドラマで学生役を出来るの本当にかけがえのないものになるのでは無いかな…演技が楽しいといった旨の話もちょくちょく見るようになったし純粋に楽しんでお芝居して欲しいな~~~。きっと良い経験になってこれからのステップアップになるだろうと思うとワクワクするなぁ…原作を全く知らないけれど結構お凄い話ではあるらしい…表現者としてひと皮もふた皮もむけるきっかけでありますように。

 

みっじゅ曰く「人生で1番忙しい夏」との事でサマステやりながらドリボの稽古してYouTubeもはだしょーも雑誌も撮ってた夏を越える夏なんて存在しているのかも思っていたけれど、弱虫ペダルの雑誌ラッシュ、試写会、ドラマ撮影、サマパラ、当たり前にYouTubeにはだしょーとそりゃあ忙しい夏になるねぇ…そっか…応援屋のPRも始まったりしているのかしら…目まぐるしいけれどたくさんのことを吸収してもっときらきらする夏を超えて20歳を迎えるんだろうな…とはいえまだまだなにか隠されたカードがありそうな感じもプンプンするのがHiHi Jets…侮れない…

 

 

 

 

 

 

8/8配信の感想

 

なんか、言葉には上手くならないんだけどすっごかったの…松竹座で育ち今に続く軌跡を作りあげた者たちにしか出来ない松竹座の使い方とかメッセージの届け方とか。これだけグループが大きくなっても、その始まりの場所を忘れずに大切にぎゅっと握りしめているのって案外難しいことなんだと思う。今日歌った曲たちは知らない歌も多かったんだけど、それだけまだまだ知らない顔があってそれがとてつもなく魅力的でグッと引き込まれるの凄いなぁ…あとは単純に楽しそうでニッコニコで本人たちから発せられる幸せそうな顔とかしみじみとした目とかなんとも言えなくて。バックの関ジュたちも、カメラが近づいていくとものすごい勢いでみんな駆け寄ってアピールして一生懸命踊ってて真っ直ぐでとっても良かった。

 

Edenが流れてきた瞬間に心の中の色んな荒んだものがふわっと消えていくような感覚がしたんだけどなんだか途中できらきらも降って来たの本当に狡いな…Do you agree?の後披露されたButterfly I loved、余りの艶やかさとかっこよさに瞬きすることさえ惜しい感覚がしていたんだけれど、大倉さんのソロ曲だったんだ…凄い…これを前日に振り入れする愛も最高にかっこよくしてしまうのも。ダンス曲メドレーとバンドメドレーは歌を知らなくても単純に魂が震えるかっこよさを孕んだ歌が多くてその音楽性の高さに痺れてた。本気の関ジャ二∞凄い。この前の728の日配信でAぇともコラボした勝手に仕上がれ…あれなんであんなにかっこいいんだろう…紡がれる言葉の一つ一つ、繰り出される表情もう全てだ。あれをライブで歌われたら本当に最高潮に盛り上がるしほろっほろにされてしまうんだろうな…バンドとしての音楽性もさることながらそれぞれ与えられたソロパートでいじらしい顔をしてみたり余裕綽々で眉をくいっと上げてみたりするの、最高のアイドルだなぁ。

LIFEの時に流れていたメッセージが熱くて愛たっぷりであたたかくて思わず目頭があつくなった。

 

もう月曜日になったら春松竹の日がやって来て、勢いに任せて購入した侍の公演もあっていよいよ松竹座とTDCのハシゴ(概念)が出来ちゃうの今の現状ならではなんだよなぁ…生には勝てないものがあるとはいえ実質1列目で見れるというのも。

 

 

 

少クラ8/7

  • おいで、Sunshine!

夏のまぶしさときらめきをすいこんだようなオープニングだよ…ソーシャルディスタンス的にあまりお互い近寄らずに歌っているのがもどかしい青春模様っぽくてまた味わい深さがある。「色っぽいね」と歌うゆうぴ~が眩しいし色落ちしてオレンジ風味の長めの髪のいがりちゃんがサビで作るハート、このまま宇宙まで飛んでいけそう!!真夏の少年仕様の龍我ちゃん、あれだけ綺麗な金髪にするにはいかほどブリーチかけたのだろう…あの髪色が似あうのはそれだけ美しい証拠だなぁ…8月の夢を永遠にしたいね、綺麗なまま、儚いまま。

 

  • 2  faced

これは最強のなにわ男子に誘われる裏世界だ…すごいや…甘い運命感じたりアオハルしよ?青春を掲げてさわやかに駆け抜けるような歌が多い中真髄よここにありと言わんばかりに微笑まれているような気分がしているんだから。あんなの心を鷲掴みにされてしまうにきまってるじゃない…だって冒頭の藤原さん「さっさとキスしろ」ですからね…大人のカッコイイ香りを漂わせて余裕の風格さえ見せてくれるの本当に狡いし大橋さんもしかりなんだけれども歌って踊れるスキルを余すところなく披露してくださっているの…能ある鷹が自由に飛び回るさまのようでしびれる。長尾ちゃん監修衣装もひとりひとり凝っていてじっくり考えたんだろうなぁ…いろんなレパートリーの衣装がこれからもたくさん作られてほしいし長尾ちゃん自身のベレー帽、あれはあまりにも天才だよ…

 

  • KISSIN` MY LIPS

これをセカンドシングルで出せるすのーまんつよいなぁ…発売までまだ日にちがあるけれどたくさんの衣装のバリエーションで見せてほしな…この前のスーツじゃなくて全員ピンクだったのとことんエッジィだった…今日のラウールさん髪の毛をうねうねスタイリングにしていたのもまた違った麗しさや可憐さが引き出されていてとっても良かった…どんなMVやアートワークが施されるのかとびきり楽しみなんだけど一抹の不安もぬぐえない。これだけ良いものがそろっているんだから、きちんとお金をかけてすばらしい作品になりますように

 

  • サヨナラの方程式

噂の「新曲」の正体。なんだか久しぶりに耳にしたなぁ…駆けるも柔らかい感情を刺激してくるけれどこの曲もなかなかそうで。「僕らは答えだった」なんてさ少し怖ささえ感じるんだ。だってジュニアには必ずそのグループが解体されないなんてことは存在しないんだからともうここまで来たら後には引けなくなる怖さがいつだってあるけれど、そんな感情、杞憂だった。時は2021年に更新されて、あんなに楽しそうに嬉しそうに幸せに満ち溢れた顔して5人が微笑むんだもの!!!!!初めて2番が解禁されたけど、「僕らは答えだった」よりなにより2番の歌詞がジャニーズジュニアが歌うにはほろ苦くて儚い。

当たり前なんかじゃない それは

永遠なんかじゃない ねぇ

ただ許されるのなら消えないで

なんて…なんて残酷なんだと思いつつなんだか真理をつつかれたような気もしていて。永遠なんかじゃなことなんてわかりきっているんだけれど、それでもやっぱり永遠を探しに行きたいんだよな…永遠なんかじゃないと歌っているのに「ただ許されるのなら消えないで」と最後にダメ押しのように「僕らは答えだった」と歌うの、永遠なんかじゃないと知ったうえでその事実に立ち向かおうとしているような気もする。永遠なんかじゃないかもしれないけれど、ずっとそばにいられたらいいなのような一見矛盾したようなあたたかな願いの歌。当たり前なんかじゃない~が野郎組トリオとはしみずで分かれているのも本当になんだか狡いや…そうか、「サヨナラの方程式 何乗しても足りない」ということはその公式は完成していないことにもなるんだよな。だとしたらその方程式は完成していないことになるし、だからこそ「そばにいるだけで 僕らは答えだった」のかもしれない。何乗しても足りないのに振り付け上は5乗しているところがまた良い。

5人がなんとも良い顔をして歌っていて、冒頭のゆうぴ~は触れたらふわっと消えてしまいそうな儚ささえまとったそれでいて強い意志のある顔をしているんだけどどんどんふわっと優しい顔して微笑むようになるのが、嬉しそうに歌うのがとっても嬉しい。「だから泣かないで」で寂しそうに目を伏せる表現も素敵だ。みっじゅ、サビ前を情感たっぷりに清涼感をまとわせた透き通った声で歌わせたら右に出るものいない…今回の「そう」も駆けるの「終わりのない旅路へ」も然り。はしゆとの歌う「今はこんなに眩しいなんてさ」も、さくまくんがその目に星空を宿して柔らかい顔で笑うのも、いがりちゃんの「夢のように鮮やかになった」もまた宝物がひとつ増えたような気分がする。

 

 

最近のあれこれ

 

最近専ら鈴木愛理さんのBreak it Downが好き。偶然YouTube見てたら辿り着いて、見てみたら良い意味で今っぽくないサウンドで素敵だし鈴木愛理さん、あんなキュートの化身みたいな顔して芯のあるハスキーな歌声であんなに上手いのびっくりするな…彼女のことは顔と名前程度しか知らないけど、実力も表現力もある人が良い音楽と出会って最高のもの作り上げてるのって本当にワクワクするし楽しいな~~~!!!!!Spotifyにはないみたいなので永遠にMVとダンスバージョン見てる。歌いながらくるくる変わる表情がいちいち可憐。BoAちゃんのJazzclubとか似合いそうな声してる。

https://www.youtube.com/watch?v=e4xyoYIfJTQ&feature=share

https://www.youtube.com/watch?v=lHPX1yv0bLk&feature=share

 

https://www.youtube.com/watch?v=1V6rxkwFIzw&feature=share

夢中になってたらすぐ10分終わった。

 

そうだ、ゆうぴ~ちゃん、佐藤アツヒロさんと共にこの差って何ですかの出演するようで…月9はフジテレビ、この差って何ですかはTBSなので月・火で民放ゴールデン番組に出れるのとってもワクワクしちゃうね~~~!!!!!なんだか、みっじゅも「人生で1番忙しい夏」と雑誌で称していたし、見えないところで水面下ではいろいろ決まっていたりするのかなぁ…どうなんだろう。モヤモヤしすぎず色んなことを楽しみたいなぁ、夏。

 

 

 

どうなる、第三四半期のえっせむアイドルたち

 

 

  • NCT2020はあるのか否か

ここらへんは6~7割確実にあるんじゃないかな…????と思っている。PuchにしろRidin'にしろTurn Back Timeにしろ世界観の統一、もしくは同じ夢の段階をあえてやらせてる??と思うような事が増え、威神がえっせむの名のついたMVを出し、韓国の歌番組に出るようになりなんだか良い風が吹いているような予感がするんだよな…。と思っていたところでじわじわじわじわと外堀を固められるように髪色の事だとか最近ドリーム×127のコンテンツが増えてるだとか日毎にこれはもしかしてもしかするかもしれないが増していく感じがする。おそらく7ドリムをやるのは確定だとは思っていて、Empathyの時のようにやるのか、ドリムはドリムだけでするのかは分からないけれど。全員集合した2018は本当にかけがえのないものだったのであれがもう一度できて、威神が正式合流出来るとなればこれ程嬉しいことは無いなぁ…。2018以降でググッと勢いが増した感覚もあるので、ドリムも127もさらに調子をあげて一泡吹かせられたら…と思うしNCT U愛好家としてはNCT Uの最新作が見たい。

 

 

  • ヨルク結局いつデビューするのか問題

7月と言われていたけれど結局8月に入っているしなんの音沙汰もないので少しばかり不安になってきたところではある。テミンのカムバックが延期になったことで必然的にヨルクも順番で延期になってしまったということだったらいいんだけどなぁ…せっかくデビューするのでティザーは1か月前くらいからはじめてじわじわきらきら迫ってくる感じの大祭りしてくれなきゃ…!!!!ガールクラッシュ時代みたいになっているのであえてPink Tape風味の甘い夢の中にある痛みのようなコンセプトで勝負かけてもいいなぁと思ったけど、多分今のえっせむは隙のない美しさに焦点を当てるような気もする…スルリンがまさにそうだったみたいにさ…隙も無駄もないピンと張ったような感じの例えるならメイクブランドのモデルみたいな。どんな采配を振るかな~~~当初は王道路線で行く噂あったけど、もう王道はないような気がするんだよな…ラミコウンもイーヤンも違う道を選んでしまっているから…。

 

 

 

 

まだまだ夏のじぇっつ祭りは続くのよ

 

 

 

SODA編集部 on Twitter: "【告知】8/27発売SODA別冊『SODA Special Edition Entertainer(表紙 #亀梨和也 さん)』にA.B.C-Zの #河合郁人 さんが登場!Travis Japan #松田元太 さん、HiHi Jets #猪狩蒼弥 さん、美 少年 #那須雄登 さん、SODAシリーズ初登場となる #7MEN侍 の掲載もあり。お楽しみに! https://t.co/OZaVq4ulR6"

SOYAがSODAに載るってさ~~~!!!!!

嬉しいなぁ…SODAのスタイリングにハズレ無し、絶対的に「良い」んだから…!!!!しかもスペシャル・エディション Entertainerって…エンターテイナーすなわちいがりちゃんそのものではありませんか!!!!!5人各々がエンターテインメントすることに限りない誇りと情熱と自信を持つグループだけど中でもいがりちゃんはその中核的存在のイメージがあるのでこの企画に選ばれているということがとっても喜ばしい。それにとびきりフォトジェニックだとも思っているので本当に、本当に楽しみだよ…エンターテイナー・イガリ

 

ジャニーズの美容番長・渡辺翔太がanan初ソロ表紙!艶顔、大人顔、爆イケ顔見せる(コメントあり) - 映画ナタリー

みっじゅ単独でアンアン載るよ…!!!!!

つい…ついこの間じぇっつで載せてもらってそれはそれは素敵なハイハイシネマを見せて頂いて夢のようだったのに!!!嬉しいな~~~!!!!じぇっつを1年越しに「映画」をモチーフに撮ってくれたその観察眼というか透けて見える青春映画を見ているような感覚をそのまま素敵な写真にしてくれるの限りある青春の瞬間をひとつ永遠に出来たような気がして本当にハイハイシネマシリーズ…シリーズと言って良いのかは分からないけれど好きだなぁ。何年かに渡ってハイハイシネマシリーズを作り上げていってほしさがある。そんなタイミングで 井上瑞稀 「輝きのすみか」だよで本当にその人に合う言葉を見つけるのが上手い…だってみっじゅというアイドルは輝きのすみかそのものだもの…

 

https://www.youtube.com/watch?v=8J4YnjIuMWM&feature=share

髙橋優斗、20歳の夏に月9出演するってさ!!

これはなんて大きなチャンスなんだろう…演技を頑張りたいというゆうぴ~ちゃんにとってはものすごく嬉しい事だっただろうな…テニス選手役のゆうぴ~が才能を持って生まれた人間の気持ちはあなたには分からないと言い放っているの凄いな…ゆうぴ~というアイドルは天性のものというよりも努力型で掴み取ってきたものという気がしているのでそことの対比もまた楽しみで…ここからまたたくさんのきっかけがうまれますように!!

 

そんなこんなですぐじぇっつサマパラの日が来てしまうんだろうなぁもう楽しいのは確信しちゃってるんだけどどんな采配を振るのかドキドキワクワクしちゃってたまらなくなるな…だってがっつりじぇっつの醍醐味ともいうべきライブを見るのは超久しぶりだもの…

 

 

 

 

 

Hi-Tube 8/2

 

https://www.youtube.com/watch?v=C0btqWalP2M&feature=share

HiHi Jets、見れば見るほど強くて未来への活力が湧いてくるし見ていて何にも怖くない。

 

ダンス動画云々よりも、JHLwYで「時は2020年」にEyes of the futureが更新されたことで、この歌を見ることに感じていた呪いや心のつかえが全部どこかへ飛んでしまったおかげか、ただただ楽しそうに踊る彼らにとびきりきらきらとした明るい未来を見て、それがあまりにも眩しくて強くてもう嬉しくてたまらなくなった。

 

言ってしまえば、「HiHi Jetsのオリジナル曲のダンス動画」それだけなんだけれど、何とも言葉には出来ないきらきらとした魅力に溢れている。彼らのことを説明する時に「王道ではない」と彼ら自身もたびたび口にするしそう紹介されることも少なくない。たしかにキンプリやセクゾ、ジュニアでいえばなにわちゃんやび~ちゃんのような路線ではない。けれどもこの輝きや、無条件に見ている人をニコニコさせてしまう、あぁこの人たちなんて楽しそうなんだろうと思わせる何かがある、王子様のようなアイドルではないかもしれないけれど、人の心を動かすエンターテインメント性で言うと王道のジャニーズとしてのそれなのではないか、と思う。だから、「王道にはなれなかった」と口にするのを見ていると心がちくっとする。だって、こんなにも君たちという人はきらきらしていて希望の光となっているのにな~~~と。

 

HiHi Jetsというアイドルを「王道ではない」というひとくくりの言葉でまとめられたくないだけかもしれないけれどそう思う。ガッツガッツ力いっぱい踊るダンスも素敵だけど、私はフリーダンスで肩の力を抜いてゆるゆると踊るダンスがとても好きなのでじぇっつのこういうダンススタイルはとても好きだなぁ。さらっと踊ることでさらに浮き出るローラースキルの高さとか、滲み出る楽しさとか。

 

この歌はなんといっても終盤にさしかかるあたりでさくまくんがセンターにいて、4人はさくまくんを、さくまくんは真っ直ぐ前を指さす振り付けがあるんだけど本当にそこの振り付けは何度も巻き戻して見たいくらい好きだ…。4人はさくまくんに君もおいでよ!としているような感じがするしまっすぐさくまくんが指さす先はきっと、眩い未来のような気がするから。その振り付けをいがりちゃんが作ったというのもまた愛おしいポイントで。それにここのさくまくんはいつも嬉しそうに照れたように笑うし、柔らかい顔をしていて。なんだかほか4人がさくまくんのことをどんな顔して指さしているのか分からない感じもまた良いんだ…

 

いがりちゃんがあたたかな優しい声で失ったものを数えるよりも…と伝説を誓ってくれるあのパート、聞けば聞くほど優しくて柔らかいあの表現、いがりちゃんというひとは本当に凄いな。信じて疑わないその感性が素敵だ。

 

誰の言うことも聞かなくていいからただ彼らが信じるものを大切にぎゅっと握りしめてきらきらの未来を駆け上がっていってほしい。

 

前置きがだいぶ長いものになってしまったけれど、とにかく言いたいのは見ているだけで無条件の楽しさときらめきが降り注いでいるのでEyes of the futureを見よう。ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/1配信の感想

  • のえパラ(12:00公演)

のえるさんの魅力もクリエGの魅力を余すところなくたっぷり詰まっていて誰のことも悲しくさせない空間だったなぁと思う。最後に夢ハリを持ってきたのトラジャをそう深く追っていない私でさえ胸が熱くなるような感覚がしたのでそれこそトラジャやのえるさんのことをずっと応援している方々はそうとうグッときただろうな…トラジャに骨うずめるレベルの強い意志を感じた。バックの忍者たちの見せ場をたくさん作ってくれたその優しさが本当に嬉しくて。アクロ対決であじまくんを起用したの本当に拝むほどびっくりして、多分ここらへんかそのあとぐらいでヘアバンドつけてるあじまくんの素敵なこと…!本当にあじまくんみたいな顔立ちがすきなんだなぁ…と抗えない気持ちに納得するなどした。初履修の歌がなかなかあったんだけど、なかでも発芽!発芽!みたいな歌は何だったんだろう…ぴょんぴょんしてる姿と歌詞の面白さがすごくて肝心の歌の名前が記憶から抜け落ちてしまった。のえるさんがおもむろにピアノで名脇役を弾き語りし始めたときはあまりにも狡くて声も出ないほど感嘆しちゃったんだけど、サポートで青木くんがピアノを弾き始めて檜山くんが名脇役として現れたときはここでひやあおなの…?となった。だって…青木くんのピアノと檜山くんの舞いだぞ…こわい…その人選…

 

  • ドリアイ/WEST

直前まで悩んで悩んで購入したんだけど買ったことに微塵の後悔もなし。青春のそのしべてが松竹座にあるという彼らの少しほろ苦くも眩しい過去と、成長した今の姿が共存していて、過去に執着しすぎることもぞんざいにすることもなく、いつ彼らのことを知ったひとにも楽しんでもらえるように作られていた。送ってもらったという客席に飾られたうちわも顔こそ見えないけれどたくさんの愛がこもっていてあたたかい。なにわAぇりとかん以外のほとんど全員がバックにつき、ジュニアコーナーまで設けていてもらったのはさすが関西ジャニーズといったところ。たくさんカメラにアピールするガツガツさとWEST兄さん方の包容力とがたまらなく素敵だった。年代こそ違えど松竹座がホームでそこで成長することに変わりはないんだものなぁ…君まぼ、夢クロ、V.I.P、ビクゲと怒涛のメドレーがやってきたのは本当にここを去ったいろいろな人のことが頭をよぎる。すさまじくも愛おしい時間。なんだかドリアイフィナーレ的感覚がするくらいの濃さだったけれどまだまだ公演が残されているというときめき。

 

夏はまだ始まったばかりだ。

ドリアイのちまちま感想③

 

  • ブリュレ
  • YSSB
  • Game of Love

この曲の流れはもう曲単発の破壊力もさることながら3曲出揃ったときのこれは勝ち感が凄いの…。これこそ関西ジャニーズの群舞であり本気。ブリュレもYSSBもGame of Loveも歌って欲しいの声が大きかったと記憶しているけれどここを同じセクションに持ってきてみんなで踊る。ゲームコーナーはあったけれど歌唱中は一貫してふざけなかったのが個人的には嬉しくて。普段歌番組のジャニーズグループメドレーとかグループシャッフルとかではなかなかこういう本気の関西ジャニーズを見せてくれることってなかなかないことがいつも悔しいしイロモノ扱いされることもモヤモヤしちゃうので、そういう目で関西ジャニーズを見たいる人たちよ、見たかという気分。Game of Loveでご本人登場で真ん中でゴリゴリに踊る、まさかのYSSBをみんなで踊る、その布石のように最高にクールなブリュレから始める、これぞ夢の祭典よ。

 

  • 勝手に仕上がれ

これはカッコよすぎるな~~~あまりにも痺れる。横山さん手がけるAぇちゃんが本っ当に嬉しそうにセッションしていてそれを支えつつ負けないという気概を見せる関ジャ二∞の底力をまざまざと見せつけられたような気持ち。京セラの大晴のパートが良すぎて腰抜かしたけど、丸山さんが歌うのちょっと格好良すぎて言葉が出てこない…ほろほろになってしまうやつだと危機感を覚えるほど素敵な空間。、

 

WEST×りとかんちゃんのハートフルランド…あたたかくて優しくて愛に溢れていてとっても良かった…りとかんちゃんとWESTはジュニアとして直接的な交わりは無かった世代のはずなのでこうして時を経て次世代筆頭のりとかんちゃんがこんなに可愛がってもらってあぁ、こういう愛に溢れた空気感というものがとても好きなんだなぁとしみじみしていた。きっと今、大人は見えない夢の地図を見ているのはりとかんちゃんで、多分それは全く同じ地図ではないかもしれない。けれども気持ちや歌や色んなもので確かに受け継がれていっているのだろうと思う。次は、君たちの番だ、と言わんばかりに。

 

  • Can't stop

ご本人登場パターンその2。モーセの如くジュニアを従え本気で踊る姿が印象に残っている。とっても。Can't stopのなにわちゃんから始まって→Aぇ/お兄さん方→りとかんちゃんと継承ちっくなことが行われているのが趣深いと思うところがあって。これが数年後にはりとかんちゃんからスタートするなんてこともありえない話では無いんだよなと思うとまた未来についての話をしたくなる。

 

  • ダイヤモンドスマイル

ここはもう直属~~~!!!という感じがする。まいジャニでWESTにお手紙読んだ大西畑がいるからなのか余計にそう感じる部分があるのかもしれないけれど。いつかの少クラで後のWESTとなにきんたちだったと思うんだけど蒼い季節を歌っていたことがあるんだけど何故かは分からないけれどその回が死ぬほど好きだったことを思い出して走馬灯の如く頭の中を走り抜けた。シゲと西畑くんが腕を組んでいるだけで関西を背負ったその色んなものがぶわっと溢れてしまいそうになる。

 

  • ええじゃないか
  • 関西ロマネスク
  • 関西アイランド
  • バンバンッ!!

関西ジャニーズJr.を通った者その全てがみんなで年代関係なく入り乱れて楽しそうに歌い踊る。先輩が後輩を前に前にと誘導するもあり、なんだかしみじみとした顔でそれを見つめる者あり。この空気感は関西ジャニーズにしか出せないよな~~~と思う。関西ジャニーズJr.というものの継承のされ方の凄さ、みんなで小さい子を育てて大きくなったその子が後輩の指導をするようになって…ということが絶やされずに続いているのも関西ならではなので…関ジャニもWESTもいる中で関西アイランドを、しかもしっかり関西!関西!Jr.の部分を歌っていたり、バンバンッ!!で全員で手を重ねて「そう夢を繋げる架け橋」を歌ったのが本当に嬉しかった…築いてきたものは礎となってまた未来へ繋げられるんだな…凄いな。この継承力。

 

本当にひたすら楽しくて眩しくてきらきらしてて。夢の中にいたんだろうな。本当に。

 

 

 

 

少クラ 7/31

 

  • キッス~帰り道のラブソング~

悠仁~~~!!!!!!大優勝…切なくて情緒たっぷりに歌うなぁ…普段のちび大好きでトークにも貪欲で果敢に滝行に立候補する悠仁とのギャップ…。大人数であるが故に、お兄さん組にも弟組にも入れなくて相当もどかしく苦しい思いをしているだろうと思うんだ…。ななせやほしきやみちはるたちも…。それでも腐らず真っ直ぐな瞳をしているの本当に…どうか少しでも光当たるところに…と心が苦しくなっちゃう…こんなに優しい声で歌うんだ…特に理由はないけれど、なんだか悠仁はヘチャンさんのような垢抜け方をするかもと思っている所があるので、どんどん色んなものを吸収してべきょんさんのLove Againのような歌を歌って欲しいな…2回目のHLwYの時からひしひしと感じていた垢抜けの兆しがとてつもなくて、見れば見るほど素敵な魅力に溢れているな、と思う。

 

  • 3秒笑って

うわ~~~新世代の歌う3秒笑ってだ…まだまだいわゆるちびジュと言われる子達が歌いつぐ歌というものは勇気100%にしてもこの3秒笑ってにしても心が洗われるというか未来永劫さを感じると共にこの中から何人がスターダムを駆け上がっていけるのだろうなどという答えの無い問いを始めてしまう。あまりにもまっさらで何色にも染められていないからこその輝きでそれは青春よりも有限なもので、いつかはそれぞれが色んなことを知って体験して色を見つけていくはずなので、きっと、今しか歌えない歌なんだろうなぁ。

 

  • Big Bang

本気のクリエGを見よ…の気概が凄い。パリマニといいBig Bangといいキメッキメでゴリゴリに踊るの凄まじく良い…NCT Uの第7感コンセプト衣装着て踊ったら多分目に映るものすべてがあまりにも綺麗で洗練されていて卒倒しちゃうと思う…いつかそういう機会があったら死ぬほどお金かけてクリエイティブなもの作り出したらとんでもないものが生まれそう…。あじまくん本っ当に曲によって表現を変えるのが上手いというか終始余裕のある顔つきとダンスで余白も楽しめるの本当に伊達にグループ内で1番先輩してない…カメラに抜かれる回数も多くて嬉しいししかもエンディングの妖精担当だったね???カムバステージのエンディングであじまくんの顔とタイトル曲のテロップが出て曲のエンディングを迎えるアレじゃないか…まだドリアイの感想書ききってないのにのえるさんのサマパラがやって来る訳だけど、どんなあじまくんやクリエGのダンスが見られるか楽しみで仕方ないな…どーしようもないのゆるフリーダンスあじまくんがめちゃくちゃ好きなのでああいう路線も見たいし、きゅるっきゅるなあじまくんも見たい…

 

 

 

 

 

 

 

ドリアイのちまちま感想②

 

 

  • One Love

うわ~~~ド王道のドリアイレッド~~~!!!!!各グループの核を担う最強の布陣に100年先も愛を誓われるの、堪んないな…関西ジャニーズJr.の真ん中に立ったシゲと西畑くん、Aぇのセンター・末澤くんに、きっと関ジュの未来を背負って立つりとかんのセンター・斗亜ちゃんがいるんだ…これもまた継承なのだと思う。これをメンカラメドレーの初っ端でドーンと歌えるところがドリアイレッドの「赤」を背負いたる所以かもしれない。

 

  • エネルギー

これは初履修の歌だったんだけれども、ドリアイオレンジのみなさんから溢れ出るあたたかみや優しさがとてつもなくて泣いてしまいそうになった。そんな…こんな時に会いたいよ今すぐ会いたいは本当に会いたくなっちゃうな…オンラインコンテンツが栄えて色んな手段が増えた良さはあるけれど、やっぱり生を体感するライブには勝てない…大晴くんがそっと顔を上げてくれるような優しい声で、底抜けに明るい太陽のような顔で思いっきり笑うの本当に狡いな…無条件に情が湧いちゃう。

 

  • ペットラブモーション

超絶キュートなイエローー!!!!!!副音声も含めて試行錯誤の生配信感があって良かったな…いや~~~凄い。すっごいかわいい。もう可愛いしか出てこないがペトラを歌うイエローさん可愛すぎてブラボー。長尾マンネちゃんのきゅるきゅるマンネたる所以をこれ程かというほどに見せつけられたというかあざとくって可愛いアイドルが本当に好きさ…天才…天才だよドリアイイエローのみなさん本気で可愛いをやり切ったの大拍手だよ…

 

  • Dye D?

もう何度だって言いたいが気合いと凝り方とコンセプト構成が神がかりすぎて各グループメンカラユニットでこれを出してくるブルーの「本気」が凄い。アーカイブ見てもDye D?で一旦全ての記憶をなくしてしまう…良すぎて。相当忙しかっただろうに振りを合わせてラップパートを追加してギターパートも入れるその本気さが良い…バッキバキ、ゴリッゴリ、キメッキメ。とにかくギターをかき鳴らすアイドルには弱いし踊れるアイドルにも弱いので好きポイントを全部ポンポン押されていった気分。正門くんのギター、丈くんのキリングパート、ニシタクちゃん中心のダンスブレイクパートとジュニアの見せ場もさることながら歌い出しの藤井流星さん神がかってコンセプト消化能力が凄まじかった…。安田さんの構成力と後輩たちを引き立たせようとするその優しさとクリエイティブ力には脱帽。全員本気でカッコつけてくるの最高なんだもん…

 

 

  • 愛のかたまり

バラードグリーンだったか~~~!!!!ダンスのブルーからの余韻と選曲の良さが相まってとっても良かったな…歌い出しの晶哉ちゃんのあえて抑えた表現がとっても上手くて、繊細で儚い。心の底から「心配性すぎなあなたは電車に乗せるのを嫌がる」と発しているみたいというか、あの時は晶哉ちゃん自身の中に違う人が憑依しているようだったというか。ここぞと言う時の表現力の振り幅が凄い。今歌っている人が違う人の肩に手を乗せて歌い繋いでいく感じも優しくて良かったな…るうくちゃんの低い声とキラキラの瞳のギャップが凄まじかったのと、るうくちゃんに手を置かれた大倉さんの優しい微笑み…あれがきっと愛なのよ…。神ちゃんと大橋くんがハモり始めた時は思わずメインボーカル…と唸った。

 

  • FIRE!!!

 藤北パイセンのあれ!!!!!!じぇっつカバーの俺の流儀のあの振り付けの歌!!!というイメージ。ドリアイピンクは2人しか居ないけれど2人しかいないからこそ映えるステージングだったなぁと思った。2人とも綺麗で背が高くスタイル抜群でとにかく耽美。

 

  • koi-wazurai

こんなのドリアイなすに恋煩っちゃう…冒頭の濱田さん歌うま過ぎない???なんであんなにさらっと歌っているのに音も外さず狂わず爽やかな顔をしている????ちょっと恥ずかしそうなふうがりんが特別でいたいのに普通じゃないと不安でと歌うのも、恭平ちゃんが奇跡が目を覚ます頃月夜にハート撃ち抜いてと歌うのもなんだか甘酸っぱくてそれだけできゅんきゅんしちゃったな。月夜にハート撃ち抜く恭平ちゃん、確実にセーラームーンだったし、クールやセクシーに行きがちだけど多分、ファンシーカワイイコンセプト超似合うと思うんだよな…顔に紫のハートとキラキラのシール貼り付けてムスッとした顔するの…これはふうがりんも然りかもしれないけれど。

 

 

 

  • cHocoレート

うわ~~~これは勝利だ~~~!!!!!!バックが丈橋ばどリチャ末なのも強い意志を感じるし楽しそうに踊っててなんだか感傷に浸る気持ちがしたな…それにしても横山さんはお肌がつるっつるできゅるっきゅるで素晴らしいな…あれから10年。