震えるほど儚く

好きなアイドルがたくさんいます

北川くんのチッケムを見てくれ

 

YouTube

 

YouTube

 

YouTube

 

いや彼凄…めちゃくちゃステージに立ったら人格変わってしまうタイプの人間だ…北川玲叶くんめちゃくちゃ天才だ…!!!!!そうだな…ツカメのエンディングでぽっと抜かれた感じのあの美しさを見て…男らしいかっこよさというよりかはどちらかといえば中性的な美しさ、麗しさが爆発してる…!!!!!

 

ポジションバトルはOTT1班…そう、あのかわいいかわいいOTT1班だよ…!!!!!自信がなさそうでいつも俯いていた北川くんが、本当にキラキラしていて、ターンする時の顔の残し方表情の作り方しかり天才的だったんだよな…。

 

グループバトルはDDU-DU DDU-DU、たしかに、めちゃくちゃ上手くいったとは言えない班だったとは思うんだけど、北川くんのいい意味での中性的な美しさというものの魅力が開花していたな…いちいち腰の入れ方から表情の作り方、特にあの勝気な表情何...?とにかくしなやかで妖艶。曲の世界観に入り込むの上手いな~!!!!どうしよう、4wallsの振り付けと世界観なんてめちゃくちゃマッチしそうだし、レッベルのベルベットなコンセプトだなんてもうドンピシャでは...?????

ダークで神秘的なAutomaticも赤い狂気のピカブもああ、RBBもめちゃくちゃ似合うし、多分、来週末にあるLa Lougeのあの赤いドレスとか死ぬほど死ぬほど素敵に着こなしてしまうのでは!!!!!ヨジャドルカバーもさることながら、127のFly Away with meとかHighway to heavenとか似合いそうだ...ダンスや歌の技術面では発展途上だけど、表現力はデビュー組にも負けてないのでは...??????

 

 

 

 

 

また誰かの夢であって

 

 

どりーむの初単独コンサートがあった。

とてもとても嬉しくて、喜ばしくて、どりーむは永遠ではないけれど、きっと、きっと、希望の架け橋であってくれるし、輝かしい未来があるに違いないと信じていた。

 

アルバムの歌、シングル、色んな歌を歌って踊って文字通り最高のものであるはずなんだけど、もう初日が終わった時点で、これは何かが違う、と思ってしまった。チソンちゃんやロンロンの涙は、多分、嬉しいの涙では無いのではないのだろうかと感じてしまった。初の単独コンサートを終えての涙と言うにはあまりにも苦しそうだ、悲しそうだし、何かが終わってしまいそうな何かがそこはかとなく存在しているような気がして、そわそわする。そして今日3日目、それは確信に変わってしまったのだと思う。

あんなに、あんなに嗚咽にも近い姿でなきくずれるチソンちゃんや、今日に限って、マークヒョンに会いたいって話すヘチャンさん、とっても悲しそうに小さな子供みたいな顔して泣くロンロンを見ているともう…青春のすべて、10代の全てをえっせむという事務所でアイドルをすることに捧げてきた少年たちが、こんなに夢も希望もないなんて、あっていい訳ないじゃない…まだまだ毎日が楽しさいっぱい、キラキラの眩しすぎるほどの未来への希望と幸せいっぱいでも足りないくらいなのに、最後かもしれない、忘れないで、と言わせてしまうの本当になんなんだ…。百歩譲って、グループとしての区切りが一旦10代の終わりにつくということは、青春の儚さ、今という瞬間の短さ、そして無限拡張を繰り広げるNCTというシステムの中にあれば有り得ることなのかもしれないけれど、それは、卒業したあとの未来が輝かしいものであること、が確約されているからこそのものであって、今年19の4人が卒業したあと、ヘチャンさん以外のコンゴンズの行方、そしてNCT DREAMというそもそものグループの未来が不透明なままで行使されるべきではないと思う。あの涙は、まだこちら側には知らされることのないなにか始まるか、もしくは、なにかが終わってしまうかを知っている涙だ。きっと。笑顔で楽しく、ほろりの涙、例えるなら、アオハルしよ?で見せた西畑くんの涙がきっとそうで、映像で見る限り、今日のどりーむの涙は絶対それではないでしょ?

 

もう色んな言葉を思い出してしまう。マークが、NCT Uのかたちでどりーむ7人で活動できないか本気で掛け合おうとしたこと、vライブをする度にマークが居ないことを恋しがって寂しがって、電話したり名前を出したりしてくれること。マーク卒業のドリショ、今回のおそらくコンゴンズ、もしくはどりーむ最後のドリショで、いつもいつもおにいちゃんたちを見送る立場にあるチソンちゃんが本当に悲しそうに切なそうにして泣くこと。こんな思いしてまで、無理してまでアイドルに専念した結果がこれなんて、あまりにも寂しすぎるんだよねぇ。ただ、どりーむが好きで、一緒にいてくれたら嬉しくて、近い未来、みんな大人になってもふざけ合って楽しそうに笑ってどりーむが世界一幸せだみたいな顔して過ごしていて欲しい、ただそれだけなのに、酷くそれが難しいことに感じる。一緒に活動できなくなったら、名前を出すことも、寂しいって呟くことも難しくなるのかなぁなんて考えてしまうよね。意外と7人完全体でも、6人完全体でもみんな揃って活動したことで意外と短くて、そうだなぁ、真っ直ぐ目を向けられないほどのキラキラも、発展途上の危うさも、ふいに見せる青春を犠牲にした切なさもその甘さも苦さもなにかを失ってできたものであって、それが恐ろしく美しいんだよなぁ、NCT DREAMというグループは。

 

 

f:id:pcypcy:20191117231455j:image

 

 

どりーむ、幸せになろうな、お願いだから。

 

 

 

 

 

 

 

夢の階段駆け上がって

 

 

なにわと一緒に#アオハルしよ?城ホで追加公演、

関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 ~遊びにおいでや!満足100%~

とんでもない…情報量があまりにも多い…

 

 

なぁにこの嬉しいオブ嬉しいニュース…

約束の、夢のあの場所にこんなにも早く関ジュたちが駆け上がっていくとは…レポやワイドショーから切り取られたひとかけらしか目にすることは出来なかったけれど、腰抜かしてしまってる堰を切ったように涙がぽろぽろ出てしまった西畑くんや、本当の本当に知らなかったのか、素でめちゃくちゃ驚いているみんなの姿を見たり教えてもらったりしているともう、なんだか胸が熱くなってしまうね。困ったね。

ずるいなぁ、この発表の仕方も。思わず叫んじゃったじゃないか、胸が熱くなって、なんだか噛み締めてしまった。

とにかく嬉しくて、誇らしくて、どうしたらいいんだろうね。

 

そうだなぁ、ツアーが始まって、西畑くんがもうまるで小さな子供みたいにふぇ~~~と泣いてしまう場面の話を見ることが多くて、1人で一番前で茨の道を歩かなくてよくなるって、一緒に肩を並べて進んでくれる仲間がいるってどんなにあたたかくて強いことなんだろう。

そこに6人も優しくて心強いメンバーがいるって、どんなに素晴らしいだろう。なんだか、とてもいい意味で肩に背負っていた大きなものが少しだけ下ろされた瞬間というものを目撃したような気がする。まだまだ未来に向かって歩んでは行くんだけれども、その隣にはなにわちゃんたちがいて、手をさしのべてくれたり、反対に手を差し伸べたりしながら、決しておいてけぼりにはせずに「な、一緒に行こう!」って走っていくんだ。ずるいなあ、うらやましいなぁ、最高だなぁ!!!!!!!

 

1秒先はもっともっと輝くどころか、輝きすぎていて、もう少し私にはきっととっくにもう眩しすぎるんだけれど、それでも彼らがまたひとつ大きな夢を叶える瞬間を目撃していたいと思うなぁ。こんなにも優しくてあたたかくて、安らかな光と幸せに溢れたような君たちが、もうありったけの希望を持ってこの世の全てのキラキラをかっさらっていきそうな気さえする。そう、まだまだ胸がいっぱいいっぱい。そして、当たる気皆無。発表された15日はゆうぴ~のお誕生日だったので、朝から嬉しい楽しい世界一幸せモードで一日をすごしていたのでもうとっくに情緒はおかしかったんだけど、もう、世界一幸せな日がもっともっと素晴らしい日になってしまって私はもう…何度でも15日を繰り返したいレベル…でも、そうなると2019年で立ち止まったままになってしまうのでこれからの更なる最高の景色を期待して2020迎えたいね!!!!たくさんのいいことよ起これ~!!!

 

なんだか強がらずにそのまま嬉しいことを嬉しい、幸せだってぽろぽろ泣ける空間って幸せだなぁ~となんだかほろほろして涙するなどしているけれど、素直なままに笑えるっていいね~!!幸せだ~!!

 

 

 

 

 

 

君がいない世界は考えたくもない

f:id:pcypcy:20191114211820j:image
f:id:pcypcy:20191114211824j:image
f:id:pcypcy:20191114211827j:image

 

髙橋優斗さん、20歳おめでとう~~~!!!!!

 

世界一のアイドルが大人の階段を飛び出していきました。10代の少年でなくなってしまうことがずっとずっとどこか寂しい気がしていたけれど、今はね、20歳のゆうぴを見ていくことがたまらなく嬉しくて、幸せで、楽しみです

 

 

10代最後の伝記で、僕の十代は楽しいことばかりで最高でした!と言ってくれたこと、そのランキングでHiHi Jetsとして活動を始めたことを嬉しそうに恥ずかしそうに1位にしてくれたこと、どれだけ嬉しかったか!!!!!なんて素敵なアイドルなんだ、と思った。思えばゆうぴからは特に今年に入って、5人でいることや、伝説になりたいという強い決意をひしひしと意思として感じて何度も何度も真剣に言葉にしてくれて、頼もしくて嬉しくてさ…!!!!

今あるハイハイジェッツに永遠を求めてしまうこと、5人でいることに幸せを見出してまうこと、デビューの確約もグループとしての確約も100では無い中でどうしてもそこに負い目を感じてしまうけれど、ゆうぴ~が、ハイハイジェッツが、君たちがそう言うなら間違いない、と思うんだ。ゆうぴがハイハイジェッツとして、世界一幸せでキラキラしているアイドルでいてほしい、叶えたい夢全部叶えよう、確証はないけれど、ハイハイジェッツが伝説になる、そんな未来を誓いたいな…。

 

そうだなぁ、クリエを駆け抜けて、ポイズンドーターや野郎組を駆け抜けて、始球式を駆け抜けて、苦しくて楽しくて忙しかったあの夏を駆け抜けて、ドリボを駆け抜けて、息付く暇もないくらい、この人はどこまで飛んでいくんだろういつの間にか消えてしまうんではないかと言うくらいキラキラ輝きつつも憂いや儚さも見え隠れした、19歳のゆうぴも最高だったけれど、これからどんどん素敵になっていくゆうぴがもっともっと楽しみだ。幸せでいてほしいし、幸せになっていてくれなきゃ困っちゃうな。

 

主人公属性のあるアイドルだなぁ、と思う。どんどん背負っていくものは大きくなるし、こんなに目まぐるしいラストティーン、後にも先にもやってこないんじゃないかな。でも、本当に君はもう眩しすぎて見えないくらいキラキラしてみせたり、苦しいほど切ない顔をして見せたり、強い意志を思わせる目を見せたり、見れば見るほど素敵になっていくね!!!なんて天才なんだろう!!!友情と努力と勝利の賜物みたいなアイドルとして存在してくれて、本当にありがたい…それに嬉しい!!!!生きてるだけで天才だと思うの!!!

 

ミルキーウェイを歌うゆうぴがとっても好き。歌い出しのあの優しい声、星空のような演出に、切なさと強さのある表情が本っ当に最高で…そうだ、この前のアマイも最高だったんだよ…声が枯れるほど大きく大きく叫ぶ声も、楽しそうに笑う姿も、雑誌で見せるアンニュイな姿も見てるのが楽しくて幸せでしょうがないな~~~好きだな~~~!!!!!19歳のゆうぴにおいては、SODA様とアンアン様が無双していたと思う…映画のような青春を生きているようだよ…。

 

20歳のゆうぴ~が、大好きな人達に囲まれて、幸せなもので溢れていて、おいしいものを沢山食べられて、あたたかく寝られて、またひとつ、またふたつ夢が叶って、願うことしかできないけれど、たくさんたくさん、幸せでいて欲しい!!!!!良いことしか起こらないで欲しい、できることなら、幸せになるためだけにキラキラしていてほしい!ゆうぴ~の未来が、キラキラとしたありったけの希望で溢れたものでありますように。

 

 

f:id:pcypcy:20191114211625j:image
f:id:pcypcy:20191114211617j:image
f:id:pcypcy:20191114211634j:image
f:id:pcypcy:20191114211645j:image
f:id:pcypcy:20191114211610j:image
f:id:pcypcy:20191114211638j:image
f:id:pcypcy:20191114211620j:image
f:id:pcypcy:20191114211608j:image
f:id:pcypcy:20191114211641j:image
f:id:pcypcy:20191114211629j:image
f:id:pcypcy:20191114211614j:image
f:id:pcypcy:20191114211650j:image
f:id:pcypcy:20191114211632j:image

 

君は、世界一のアイドルだ!!!!!

 

 

 

 

 

EXOでありX-EXOであるような世界

 

いつっや今年本当にさ!!!!!!めちゃくちゃ気合いが入ってる…気合いがレベチ…モンスタがハロウィンに見えてくるくらい激重ガチガチコンセプト…。EXOとX-EXOでアカウント変えて勝負させて勝敗決めて本当にさ…!!!!去年どうしたレベルの気合い…

 

初めは、X-EXO無双に決まってるじゃないかと思っていたんだけど、正しくキムカイはX-EXO無双タイプで、次に出たチャニョルちゃんは何となくEXOの方が好きだったんだよなぁ…なんだろう、もちろんめちゃくちゃ怖いし目の主張が激しいし闇堕ちの度合いが凄いんだけど、内側にあるチャニョルちゃんのかわいさがどうにもこうにも抑えられていないというか、めちゃくちゃ怖いのにめちゃくちゃかわいいの!!!!!改造されたモンスター(であるかは定かではない)でありながらいつも悲しそうというか泣いているというか…キムカイが人格総とっかえならば、チャニョルちゃんには本来の自分だった記憶が微かに残っていそうな雰囲気さえある…優しくて大きいヴィランズになりきれてないヴィランズ…。一方のEXOなチャニョルちゃんはきっと正しいんだけど、言うなら政府軍チャニョルちゃん。ごめん…なんでそんなにかわいい????月のマークのある黒いベレー帽被っているからもう美少女戦士みたいで困っちゃうよ!!!!!こんなにかわいいのに炎で焼き尽くしちゃうなんてさ…

f:id:pcypcy:20191114213704p:image
f:id:pcypcy:20191114213701j:image
f:id:pcypcy:20191114213715j:image
f:id:pcypcy:20191114213710j:image
f:id:pcypcy:20191114213657j:image

 

 

 

 

 

順番おかしいけれど、トップバッターキムカイがあまりにも大天才…あまりにもホラー、あまりにも怖い…完璧に白と黒…ヒーローとヴィランズ…。もう人間ではないその雰囲気、多分実験されて覚醒したその瞬間にその周りにいた人間みんなら殺してその美しさと怖さに気付かないまま外へ飛び出していったタイプだよあれは…頭で行動しているというより本能のままに暴れつくしているみたいに見えて、ティザーのクオリティが映画…。勝手に正義がEXO、悪がX-EXOだと思っているけれど、全くの逆だったらめちゃくちゃ面白いな…裏も表も正義も悪もへったくれもない感じ…うぅ…カムバ楽しいね!!!!

f:id:pcypcy:20191114214023j:image
f:id:pcypcy:20191114214019j:image
f:id:pcypcy:20191114214012j:image
f:id:pcypcy:20191114214027j:image
f:id:pcypcy:20191114214015j:image

 

 

 

 

 

長くも短くとも50日

 

あと50日切ったんですって。

 

早かったような気はしなかった。それなりに、きちんとじわじわ日々を重ねていったような気がする。

 

とはいえ心配なので定期的に叫んでみる。

ちゃんと暖かくして寝て、たくさん食べて、幸せに過ごすんだよ!!!!!!

寒い時に食べるアイスって最高だけどあんまり食べすぎるとお腹壊しちゃうよ!!!

 

う~~~ん、いまだに言葉がきちんと見つからなくて困る。ひどいよって、匙を投げられれば1番なのかもしれないけれど、今後美談には出来ないし苦労話の一環にもできなくて、ひたすら背筋が凍るような感覚が続くみたいな感じがする。あっていい試練、ではなかったよ…。

 

とはいえ大好きなんだ。まだまだいないことが納得できなくて、死ぬほど寂しくて。できることなら、5人でいる時にヘッダーをあげたかったし、5人で歌うZENSHINや、アマイが見たい…。ここに2人がいたら、このパートをこんなふうに、こういう顔して歌うんだろうか、ここでカメラに抜かれてふっと微笑んで愛おしくなってしまうんだろうかと考えて、いないという事実を突きつけられる。そうだ、ドローンだって、いろんな雑誌だって、いつしか3日に1回で回ってくるようになった伝記だって、本当はいないことが寂しくて寂しくて、どうにかなっちゃいそうに決まってるじゃない!!!!!それでも、割と早く、前を向こうと発破をかけられたのは、嫌でも彼ら自身が、前を向かなければならない状況だったのと、前に進む気しかないのだろうな、と思ったからなので、とりあえずここで1回労ります。よく頑張ったよ、ハイハイジェッツも、待ってるオタクたちも、みんなみんな。

 

年が明けたら、どんなタイミングで何が起こるのか、少しだけ怖いんだけれど、前を向いて、少しずつカウントダウンが進んでいっているということを希望にして、待っていようと思う。

やっぱり、5人でいてほしいな、始まるものも始まらないし、終わるものも終わらないので。

 

あらゆる幸せやキラキラを詰め込んで、2020年迎えたいな。

 

 

 

A GIRL MY FRIENDの話

 

 

なんかあまりにも綺麗で月に帰っちゃうかと思った!!!!!

ゆうぴ~の歌い出しも、だぉちゃんの優しい声もみじゅの天使声も優しさと愛に包まれていて何しろアマイだぞ…ミルキーウェイが棺桶の中で聴きたい歌だとすれば、アマイは叶いもしない恋に焦がれている時に聴きたくなる歌でしょ…??????!!!

友達がスキみたいって
伝えに来たキミ
少し怒ったように
走り去ったよね
メールも遅いみたいじゃないって
イチイチうるさい
もっと優しくしなきゃダメよって
呆れたそのポーズ

いつか言う時が来るのかな
素直になりなよって
キミはキミが思うより
ずっとキレイなんだ

ボクもボクにまだなれなくて
優柔だったりしちゃうけど
キミみたいなアマノジャク
ボクこそがふさわしいんだろう

ハイハイが歌ったパートはここだったんだけど、歌割りも良すぎた…ありがとうソロパート!!!ちょっと鈍感なゆうぴ~、ついつい意地悪しちゃうだぉちゃん、それにみじゅからキミはキミが思うよりずっと綺麗なんだって言われてしまうのなに!!!!現実なの?

君がいない世界は考えたくないの歌詞がめちゃくちゃ好きなんだけれど、あまりにもその感情を彼らに向けてしまいすぎて、歌ってるび~ちゃんを見ながらうんうん頷いていた。君たちがいない世界はかんがえられないのさ本当に。いまはなにより永遠が欲しい。

 

なんだろうなぁ、本当に切なさとか苦しさとか儚さとかそういうものを纏うことが上手になってしまったような気がして、はじめはえらい苦しくなってしまった。なんちゅう切ない顔して歌うんや…悲しい顔して微笑んだり、遠くを見つめたり、言葉に表さなくともそういう切なさを表現出来てしまうの…ライトに照らされるとまた色素の薄さが儚さを演出していて困った…

 

2番の歌詞も最高でさ、「雨上がりの公園で突然抱きしめ 大嫌いと泣かれてももう離さない」

「不自然なくらいはしゃいだり大喧嘩もある それでもいっしょにいたいんだ 何度も言わせないでよ」なの…この歌、天才なのか!!!!!リアルであって欲しいとか欲しくないとかそういう次元の話ではなくて、シンプルに人生を捧げたいと思っているアイドルがこういう歌を歌うのって、もうキラキラのフィルターがかかっているどころではない…もうぽわぽわでキラキラしたフィルターの中でもうほとんど偶像、夢の話みたいになってる…そう、それくらい、最高だったの!!!!!!素晴らしい夢だった。

 

 

 

 

 

 

 

Dimension4とは一体なんだったのか

 

 

とりあえず、私はね、あの、ムジゲから始まるセクションが死ぬほど好きなんだ、という話から始めたいんです。

 

衣装は特別キラキラしていなければ、ひらひらの可愛いスカートを着て、笑顔を張りつけて踊っていることも無く、スイートかビターかと言われたらビターなんだけど、媚びていないからと言ってガールクラッシュに振り切りすぎてもいない。f(x)は、女の子に愛されるアイドルであるけれど、ガールクラッシュをコンセプトとしたアイドルでは無いと思っている。ひたすら踊って歌っているこのセクション、格好良くて愛おしくて恋しちゃう。ルナのピンクのジャケットとデニムのスタイルがヘルシーで好き。こんなに動き回ってもどの瞬間においても楽しそうだし信じられないくらい歌が上手い。

 

  • ムジゲ
  • Pretty Girl
  • Diamond
  • Rum Pum Pum Pum
  • STEP
  • Shake  it Brass

 

ここら辺をほとんどノンストップでギア全開でサラッと駆け抜けていってしまう彼女たちのエネルギーに完敗…こんな女の子たち、どこからどう見ても最強だしもう現れやしないと思うんだ本当に…!!曲と曲の繋ぎもお洒落で、世界で最高の女の子みたいな顔をした後に、少し恥ずかしそうに楽しそうにはにかんだりして、ダンスの振り付けなんかも、腰をぐるっと回してみせたり、綺麗な脚をすっと伸ばしてみせたりするのにちっとも消費している感、されている感というものが出ないのもまた彼女たちのアイドルとしての強さだなぁと思う。初恋の痛みを感じながらも普通でいたいと思うことのつまらなさを突きつけられたり、カラフルな感情がたくさん見える、そう、幸せなの!!!!

 

Pretty Girlを歌うf(x)の姿が残っている、というのも嬉しくて、こんな挑発的で前衛的な女の子が女の子に向かって威嚇するような歌をとびきり素敵な彼女たちが少しの皮肉と自信と美しさをひとさじ加えてこんなにスパイシーに歌い上げてくれちゃうから困っちゃう、あまりにもワクワクしてしまって。

「みんな私のことを魔女って呼ぶの」「いつまでもPretty Girlなお姫様」「いつも主人公だったでしょ」って歌詞がゴロゴロ並んでいて、挙げ句の果てには「あんなみたいな女の子は沢山いる」と言われ、1人ずつ同じ顔に変えられちゃうし、最後には 「Pretty Girl, What's your color?」ねぇあんたは何色?とくりったる姫に聞かれるという…なんで可愛い私に振り向いてくれないの?じゃなくて、あんなそんなみんなで同じことして楽しいか?そんなに楽しいなら同じ顔にでもなってあんた自身の楽園でお姫様として暮らしていなさいよみたいな、大分色濃いメッセージを感じる。彼女たちに、あんたみたいな女の子たくさんいるよね、と言われてしまうの、あまりにも…!!!また伸びやかなルナの歌声が刺さって大変なんだこれが。特別になりたいし、殻を破ってとびきりカラフルに面白がって生きていたいけれど、生きにくいなぁだなんて思う、すべての生き方をあらゆる方面から肯定してくれている存在なんだ、f(x)がf(x)をしているということは。

 

 

だからね、さみしいね、やっぱりさ!!

 

 

 

f:id:pcypcy:20191111230014j:image
f:id:pcypcy:20191111230018j:image

 

 

 

 

 

 

おしゃべりしてるHiHi Jetsさんってなんでこんなに面白いんだろうね

 

 

相変わらずはいちゅ~~~ぶ最高だった.......

 

YouTube

 

ゲームしたり猫撮ったりしてるハイハイジェッツも好きなんだけど、やっっぱり、あのプール後の神回で本音で色々語った回しかり、今回の車の中でくじ引きトークテーマに沿ってひたすら話すにしかり、ただひたすらハイハイジェッツが喋っているだけの回が死ぬほど好き。ただ座って喋ってるだけでワンピック、トーク力もあるので本当に面白いと思うんだよなぁ。ハイハイジェッツさん、ラジオはじめてほしい。それか定期的に雑談しているだけの動画を音声だけでも届けてくれる媒体が欲しい。体がもうハイハイジェッツの喋りを求めている。

 

かいとが多い話でうみんちゅさんとも呼べずに結局フルネーム呼びしちゃうかわいいだぉちゃんのお話とか宮舘さんのロイヤルなお話とか、佐藤龍我さんの脚があまりにも長いものでねぇ、もっとの定点の画角にいない話とか、ゆうぴ~がいっちぇのことがかわいいかわいいしてる話とかさ......!!!!!膝の上に乗っていた可愛いはいび~マンネ、いっちぇが身長もだぉちゃんぐらい伸びたけれど相変わらず可愛い、あれは小悪魔だ、ってなるのも可愛いし、こちら側のやばやば矢花さんと、ハイハイジェッツさん側の矢花さんの解釈があまりにも一致しすぎているとか、あまりにも曲に憑依するのでギター置いて走り出すとか、実はラウールマンネとゆうぴ~は同期なんだよ話とか全部どれも聞いてて楽しいんだよなぁ.....こういうのって、そもそものトークスキルがないと面白くなくて飽きてきちゃうし、うだうだ話してるだけでこんなに幸せを提供してくれるのって才能だと思うの!!!!! ハイハイジェッツさん、本当に非常にラジオ向きなアイドルでは???

 

そして今週もまた編集が愛に溢れていたな~~~!!!ひとりひとり話してる時にメンカラの車のハンドル仕様で名前が表示されていたり、急に車のミラー越しの3人の映像にしたり、スタッフの愛を毎週毎週感じていてとても幸せ。ダブルで幸せ感じちゃう。

 

もう来週にはゆうぴ~が20歳になっているなんて時の流れよあまりにもはや過ぎないか?この前、もうすぐだぉちゃん誕生日だなんてワクワクしていたのに、もう、もう20歳????嘘だろ??あんなにかわいいおもちみたいなゆうぴ~が成人しちまうの???たくさんたくさんお祝いされて幸せに過ごせるといいな~~~

 

ハイハイジェッツ、おしゃべりしてるだけで天才的にかわいいから困っちゃうな、好きだな!!!

 

 

 

ドローンと戦うHiHi Jetsは世界一可愛かったって話

 

 

まさか!!!!ドローン鬼うちのドドド田舎でやってるなんてさ!!!日テレほとんど映らないから確認もしてなかった!!!!!たまたまチャンネル変えたらドローンから逃げる番組やってた、まさかと思った、そうだった!!賽は投げられた!!!!そう、絶対無いだろうと思って確認もしていなかったけれど、結局はハイハイジェッツがドローンを相手に鬼ごっこをしている所を普通に楽しんで2時間見ていたわけです。

 

 

結構序盤も序盤でドローンに捕まってしまうだぉちゃんとゆうぴ~、運としたたかさとアイドル力でファイナルまで進出してしまうみじゅ、3者3様の戦い方をしていたのと、みじゅが決勝まで行って、最後の2人にまで残ったことによりかなりの回数「HiHi Jets 井上瑞稀」と呼ばれていて、こりゃあグループ名とみじゅが売れたなと...思わずにっこりしちゃったよ...ヘルメット被っていることで引き立ちすぎる小顔さとおかおの可愛らしさ、そしていろんな出演者と並ぶのでHiHi Jetsの平均した背の高さに気づいてしまうことよ!!!!!みじゅのことをそこまで背の高い要員として考えていなかったんだけれど普通に170あるしすらっとしていて細いし顔がお豆サイズなんだもんな...姫姫言っちゃうけれどやっぱり1人の男だし、それでもやっぱり姫なんだよな!!!!すごいアングルから撮られてもあんなに顔がかわいいことがある??みじゅをロックオンしていたドローン、2回ほどみじゅを捕える直前でクラッシュしていたのは魔法か?やっぱりかわいいと魔法使えるよな...!!!!クラッカー引き当てて、ボーナスのボールまで引き当てちゃうその引きの良さ、さすがアイドルを天命としてこの世に生まれ落ちた天使...要するに君はさいこう!!!

 

いがりそうやゆとのふたり、早々捕まってしまったけれど、叫びながら走るだぉちゃん、世界一守りたい衝動に駆られたし、「下界は危ない」なんていう名言も残し、きちんと爪痕を残して去っていかれた...完全にだぉちゃんは天界を統する全能の神ポジだった...ただし何よりも誰よりも愛おしいかみさま。

ゆうぴ~、きみはどこまでもゆうぴ~だね...蓋の裏!裏だよ!!裏を見て!!髙橋!!!おい!!って言いかけた。愛してやまないアイドルをおい、髙橋よわばりするところだった、失敬。

 

 

そういえば、はいちゅーぶのドローン回は、今回の番組出演があるからこそだったのか、ドローン回きっかけになったのかどっちなのかはよく分からないけれど、どちらにせよ、ハイハイジェッツのバラエティスキルの高さが少しでも伝わったかもしれないと思うとうれしさがとまらないね!!!!!どうかどうか次に繋がれ~!!!

 

 

 

 

 

 

 

なにわ男子が time for the moon nightを歌ったら

 

YouTube

 

YouTube

 

YouTube

 

 

ヨチンのパムです。好きになっちゃうだろう?の眩いほどの希望とキラキラ感はおりゅうちぇにぴったりだなぁと思うし、真反対の切ないをさせたら、やっぱり道枝駿佑さんの透明感にはかなわない、と思うので、センターはみっちぇるかなぁ。

衣装的には、2個目のエムカのやつか3つめのやつが好き…リアルでなにわちゃんっぽいと考えるとエムカの方だろうか…。お顔にキラキラ付けているのも最高だものね…。なにわちゃんがお顔にキラキラを付けてしまうと、なにわちゃん自身が発するきらめきとお顔に輝くキラキラで、もう星ひとつ爆発できるのではないかと思う。それでも見たい。

 

キラリこの星の瞬き キミもみてるかな? 

儚さが心揺らして

 

歌い出しは道枝駿佑さんやなぁ…。そう言えば、アンアン素晴らしかったよね…なにあの透明感、清涼感、美しさの具現化、切なさと憧れがミックスされたような感じは…!!!!

 

理由も わからないけど
どうして? 晴れないのよ

ホントの私 いつも見せられないまま
時だけ 過ぎて行くの

特に意味は無いんだけれど、西畑くんにどうして?晴れないのよって歌詞が似合ってしまう気がしてならないのと、多分、長尾マンネちゃんは、時だけ過ぎて行くのっていう顔するのがめちゃくちゃうまい気がする…2人とも演技に定評があるし、悲しい運命に翻弄されたような陰の役柄が似合いそうというよく分からない根拠を挙げておく。

 

夜の空を 見上げても
この想いは 白く舞うだけ

形のない そのコトバの意味
迷いながら キミを 探してる

陽のパワーのイメージの強い大橋きゅんとおりゅうちぇの歌う悲しい歌詞はどう表現されるんだろう…どんなときもポジティブニコニコアイドルな大橋きゅんにこの想いは白く舞うだけって歌われて、目の中に宝石隠してるおりゅうちぇに形のないそのコトバの意味だなんて歌われたらどうなってしまう…??

 

キラリ この星の 瞬き
キミも 見てるかな?
儚さが 心濡らして
どれだけ 傷ついても
'サヨナラ'とは 送れずに ずっと
ひとりの夜 ただキミが欲しいよ

もはやなにわ男子さんがソースパークリングスイートストーンブライトイリュージョンな星なところあるけれど、儚さに心濡らしてる図にもいろいろな表現があるんだろうな…と思うと…

パム歌うなにわ男子さんのチッケムめちゃくちゃ見たすぎるな…

 

BAM×6… 

夜を越え

As time time for the moon night

夢で逢いましょう

 

いやぁ…丈くんと夜を超えたいしみっちぇるとは毎日夢で会いたい…。

 

思い切って この気持ち (言おうか)

もうずっと此処で キミを呼んでるの

埋められない ふたりの距離が

近づく そんな事 願うけど

思い切って自分の気持ちを言おうか悩んで立ち止まったまんまで、ふたりの距離は縮まることは無い、って少し諦めが入ったようになってしまうのひたすら切な…!!!冬に物悲しい歌を歌うアイドルが好き。

 

ユラリ この星も どこかで
キミを 照らすなら
連れて来て 私の所へ
忘れたくても できない
自分に嘘 つけなくて ずっと
ひとりの夜 ただキミが欲しいよ

いや…突然ミンヒジンにこの超絶切ない星物語コンセプトでアルバム作って欲しい欲がふつふつと湧いてきている…TXTのあれ、絶対ミンヒジンの所業だと思うんだけど違うのかな…??アンニュイで、どこか閉鎖的で、可愛いが詰まっていて最高だったんだが…!!!!!

アンニュイ切ない星物語コンセプトいいな…なにわ男子さん…満点の星空と雪とか死ぬほど似合う気がする…

 

不確かで 見えない キミの心

悲しいけれど もう二度と

私の事は 映さないのね Ah

私の事は映さないのね…は大橋きゅんにどうしても、どうしても歌い上げて欲しいんだ!!!!!悲しいけれどもう二度と、死ぬほど悲しい顔しながらみっちぇるに言われたいし、恭平ちゃんにはなんて君の心は不確かなんだって言われたいじゃないですか!!!!

 

ハラリ 頬を伝う ナミダ
キミは どこにいる?
今すぐに 飛んで行きたい
音も無く 崩れて 愛は終わるの
壊れるほど会いたい
ひとりの夜 ただキミが欲しいよ

音もなく崩れて愛は終わる、だなんて、キラキラ甘~いおとぎの国みたいななにわちゃんの真逆の心理のようで、はたまたそれが見たいなぁ...とびきり顔のいいアイドルの悲しい演技は最高だって言うじゃないですか...

 

BAM×6… 夜を超え

As time time for the moon night

夢で逢いましょう

 

最後はひとりひとり抜いた後に、みっちぇるの切な顔アップで終わるのが理想だな...

 

 

 

 

 

 

 

フラワーシャワーを浴びて

 

 

 

YouTube

 

 

[HyunA - FLOWER SHOWER] Comeback Stage | M COUNTDOWN 191107 EP.642 - YouTube

 

 

とびきりガーリーだ…不思議な気持ちになるメロディと可愛いを詰め込んだスタイリング、ふわふわのドレスにはっとするようなビビットに染った花…セクシーギャルアイコンのようなイメージがあったけれど、こういうぽわぽわ不思議ガーリー可愛いなぁ…こっちのコンセプトの方が好き…いろいろあったし、再出発的意味のある曲だろうし、わりかし今の方がやりたいことをやりたいようにやれそうな事務所のような感じがするので、本来は彼女はこういう音楽やコンセプトがしたかったのかな、と思った。

 

 

f:id:pcypcy:20191107211211j:image
f:id:pcypcy:20191107211031p:image
f:id:pcypcy:20191107211105p:image
f:id:pcypcy:20191107211201p:image

白いベールと真っ黄色のふわふわなドレスに真っ赤なリップ…全部全部美しくて可憐で強いな…

 


f:id:pcypcy:20191107211021p:image
f:id:pcypcy:20191107211157p:image
f:id:pcypcy:20191107211234p:image
f:id:pcypcy:20191107211101p:image

ここなんかもうヒョナ主演のロードムービー見ているみたいでさ…それにしても真っ赤なドレスに真っ赤な道を車で走るの、あまりにも色彩がワクワクしている…
f:id:pcypcy:20191107211125p:image
f:id:pcypcy:20191107211027p:image
f:id:pcypcy:20191107211151p:image
f:id:pcypcy:20191107211120p:image

ここのお化粧とスタイリングも最高…!!!!

オレンジのリップに、頬にはキラキラを付けているのあまりにも…可愛いよ…それにヒョナひとりしかいないのに、テーブルいっぱいにティーカップをありったけ重ねて挑戦的な目で真っ直ぐ見られると、全てヒョナの手のひらで楽しまれて遊ばれているような気がしてくる、それに多分この人は魔法が使える。個人的な戯言。

 

f:id:pcypcy:20191107211037p:imagef:id:pcypcy:20191107211229p:image
f:id:pcypcy:20191107211219p:image
f:id:pcypcy:20191107211050p:image

秋色に染った空とお花の絨毯とドレスを着こなして頭にはシックな花冠を施されて急に何も知らない女の子みたいな顔するの何…???あぁ本当に、全てを脱ぎ捨てて恋に走って、少女が大人になったみたいな今のヒョナそのものなのかもしれない。うぅ…アイシャドウがめちゃくちゃ可愛い…



f:id:pcypcy:20191107211135p:image
f:id:pcypcy:20191107211224p:image
f:id:pcypcy:20191107211114p:image
f:id:pcypcy:20191107211205p:image
f:id:pcypcy:20191107211214p:image
f:id:pcypcy:20191107211145p:image
f:id:pcypcy:20191107211044p:image

 

このカラフル花柄の衣装、1番サイケデリックで色まみれで最高かな!!!!!毎日がランウェイじゃん…頭真っ白なおリボン付けているのも本当に少女に戻ってしまったみたいだな…

そしてパールのお召し物を頭に付けて泡風呂…お花いっぱい、笑顔いっぱい、幸せいっぱいって感じだな…真っ白なドレスを着ているのも、まるでお姫様みたいで素敵…ひたすら甘いお砂糖で出来た夢みたいな味のする可愛い可愛いお菓子を1曲まるまる分食べてるみたいな感覚になる歌だな…。甘さ中毒になってしまいそう、そこがいいじゃない!!!!

 

2人でいる姿を公で見ると未だに少し…と真顔になってしまうんだけど、音楽的に合わないから2人ではしない、みたいなコメントを見てクスッとしてしまった。2人とも2人なりに音楽的にポリシーは崩したくないし、全てを捨てても何を言われても勝ち取りたかった愛なのかもしれない。正解なのか不正解なのかそんなの一勝答えが出ないんだろうな。

 

 

 

僕らの人生は不完全でもいいさ

 

TEOTFWシーズン2、完走。

 

YouTube

 

やっぱり一気見してしまった…はじめは絶対1週間に1話の楽しみで取っておこうと思うんだけど、シンプルに1話1話が20分程度で短いのとあくまでも淡白に物語は進んでいく。ジェームズもアリッサも自分の心には何も無いと思っていた程に諦めてはいたしやはり、淡白な人間に見えるだろう。そんな2人の言葉の代わりに感情をゆらゆらと演出するのが音楽で、この音楽はTEOTFWというドラマを語る上ではきっと欠かせないものだ。あまりにも良いしまるで20分×8話分、こじれたある青春の一欠片を覗いたようなそんな気分になる。

 

とはいえ、学園ドラマのようなキラキラさは存在しない。2人とも愛されることに飢えていたし自分のいる世界に諦めを感じているように見えた。ジェームズは、自分のことをサイコパスだと思い込んでいたし、アリッサは全部つまらないと怒ってばかりいた。完全に正当防衛とはいえ、人を殺してしまい、自然と逃避行へ。車を盗み、恫喝し、決して真っ当な道をあるいてはいないけれど、2人は確かに少しだけこのサイテーな世界で生きる意味を感じていたような気がする。静寂はとてもうるさいと知ったし、あまり口には出さないものの、2人の心の声では、後半小さな恋心が相見えていた。

 

シーズン2はそれから2年後のお話としてスタートする。アリッサは全て忘れた振りをして細々と生活を送り、結構なノリで男の子に求婚。ジェームズは命を取りとめたものの後遺症がありリハビリに勤しんだ。父も急死し、アリッサ母に娘に会うことを禁止され、ジェームズは一人ぼっちになる。そしてアリッサのことを付け始める。シーズン2からの新キャラクター、ボニーもどこか拗れている。厳しい母に育てられ、受験に失敗し就職した大学の教授に恋をする。その教授というのかシーズン1で2人が殺してしまったあの酷い教授で。ボニーは教授の嘘に騙されて女の子を殺してしまい刑務所へ入っていて教授の正体を知らぬま好きな人を殺された憎悪だけを募らせて刑期を終える。ジェームズもアリッサもボニーもみんなどこかが拗れている。3人ともだれのことも肯定も否定も出来ない。果たして救われたのだろうか救われなかったのだろうか。少しずつ歪になった線はきっとこれからも歪んだまま生きていかなければならないのだ、きっと。

2年前よりも、少しだけ愛というものが目に見えて分かるようになっていた。ジェームズはその目に感情を映し、アリッサに愛してる、とまで言った。アリッサが死ぬかもしれない、と泣きそうになりながら探した。アリッサもアリッサなりに、ジェームズを大切にしているし、愛している。相変わらず言葉数は少ないけれど、手の温もりできっと伝わっているはずだ。ほんの少しの希望になり得ていると思う。

 

2人は少し距離を置いて2人なりに愛を育んでいくかもしれないし、青春の痛みとして思い出の中に落としていくかもしれない、そこら辺の結末はあやふやなままでいて欲しいな。

1、2と程よい曖昧さと余韻を残してくれたので、個人的にはこれで完結、でいいのかもしれないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

365freshはいいぞ

 

 

YouTube

 

 

 

YouTube

 

 

 

とっても最高だったんだ。どうしようもなく救われない男女。人殺しと女たらしのヤクザと死にきれない死にたがりがいて、偶然出会ったのか出会わされたのか、盗んだ車の中に大金があって超贅沢な逃避行を繰り広げる。冗談にも上品とは言えないけれど踊り狂ってとびきりカオスで最高なんだ…とにかく狂っていて、愛と青春と全ての終わりの物語だ。

 

アルバムの収録曲もなんだかそこはかとないレトロ感とアンニュイさと世界の終わりを楽しくウォーキングしているのような気持ちになる。

アメリカンレトロを感じるアートディレクションも素敵…意味なんてこれっぽっちも分からなくていいしむしろ分かりたくない。それに、次の日朝起きたらひどい胸焼けがしてしまうほどの夢みたいなそんな気分がしてる。

 

 

だからこそかもしれない、私はどうもあの二人のことをきちんと許せなかった。あの二人がああいう恋人まがいのことをしているのはあくまでもユニットの世界観のためのパフォーマンスだけのものであってほしかったのだ。本当に付き合っていたとしても、絶対に認めて欲しくなんてなかったし、死ぬ気で隠しておいてくれよ、と思う。いまでもそう思う。こんど2人でバラエティ出るらしい。どうなんだろう。

ただの夢であって欲しかったのに、それが全て現実として突きつけられてしまって、全てがはっきりしすぎていて。しばらくは、あんなに素敵だと思っていた彼らの歌を聴いても、気持ち悪い、と思ってしまっていた。

 

その事実があってしても、この歌は最高だと思うのだ。

 

 

f:id:pcypcy:20191105221935j:image
f:id:pcypcy:20191105221930j:image
f:id:pcypcy:20191105221947j:image
f:id:pcypcy:20191105221933j:image
f:id:pcypcy:20191105221951j:image
f:id:pcypcy:20191105221940j:image

 

 

真っ当でなくても楽しく生きて、死ぬほどあらゆることを楽しんで、もうここらへんでいいよね~となれるくらい、面白がって生きていきたいな。

 

 

365freshはいいぞ!

 

 

 

 

 

少女たちが花開く瞬間

 

 

IZ*ONE (아이즈원) Concept Trailer : When IZ your BLOOMing moment? - YouTube

 

IZ*ONE (아이즈원) 1st Album [BLOOM*IZ] HIGHLIGHT MEDLEY - YouTube

 

 

アイズワンさんコンセプトが大勝利してる~~~!!!!!!!!

 

薔薇とすみれと花をコンセプトに展開されてきたイメージのあるアイズワンの物語、1周年を迎えてこんなに綺麗に可憐で儚く花開くんか·····まず公開されたトレイラー映像がお花の少女·····。1年を迎えて身も心も大人になって、とびきり可愛いく美しくなった彼女たち、輝かしい未来に向かって花開いていく感じ、そしていつかはやって来てしまうアイズワンとしての夢の言ったんの区切りまでも表現してしまっているのあまりにも天才·····!!!f:id:pcypcy:20191104203904j:image
f:id:pcypcy:20191104203912j:image
f:id:pcypcy:20191104203920j:image
f:id:pcypcy:20191104203858j:image
f:id:pcypcy:20191104203909j:image
f:id:pcypcy:20191104203855j:image
f:id:pcypcy:20191104203916j:image

 

うぅ·····最高だよぉ!!!!!

 

ティザーもひとりひとり、これまでの私、今の私、未来の私を表現しているのも良いなぁ~~~!!!!!いたいけな女の子が国作っていつの間にかパステルオシャレスーツを着こなしてしまうような素敵な女性に·····!!私はやっぱりI WILLのパステルスーツが最高でさ·····。有限さと花をコンセプトにしているアイドルが、秋色カラフルなたくさんのお花たちに囲まれてパステルスーツでアンニュイなお顔をしているの勝訴·····!!!あらゆるカワイイが詰まっていてあまりにも幸せ。

 

f:id:pcypcy:20191104204540j:image
f:id:pcypcy:20191104204535j:image
f:id:pcypcy:20191104204543j:image
f:id:pcypcy:20191104204654j:image
f:id:pcypcy:20191104204529j:image
f:id:pcypcy:20191104204700j:image
f:id:pcypcy:20191104204533j:image

 

f:id:pcypcy:20191104205135j:image
f:id:pcypcy:20191104205138j:image
f:id:pcypcy:20191104205145j:image
f:id:pcypcy:20191104205149j:image
f:id:pcypcy:20191104205142j:image

最近やっと気づいたんだけど、私、キムミンジュたまのお顔が雅でめちゃくちゃ好きだ!!!!ビオレッタの時のあたたかい色の髪の毛の色、ぽわっと花が咲くようなメイクとスタイリングがあまりにも可愛いのと、お花を持っているミンジュたま·····綺麗·····。二枚目の少し目線が下向いている写真が特に好きでな·····ある瞬間に全部夢みたいだったみたいに消えてしまいそうな儚さも持ち合わせている·····

 

そして、やっとアイズワンが花開く瞬間を見ていく覚悟ができたような気もしている。ずっとアイズワンが羨ましくて、あいおあいより期間も長い、きちんとお金かけてプロモーションしてもらって、コンセプトもとびきり可愛くって、短い期間を駆け抜けていう美しさもあるとは思う。だけど、やっぱり、少しでも長くもう1日でも長くキラキラしている姿を見ていたいのだ。だから、2年半も活動出来るアイズワンが羨ましくて、可愛くって、変な意地を張ってしまったのだ。その夢みたいな時間を最大級に楽しんでいたいよね、別れが辛いからこそ、未来のことを考えると少し胸がキュッとなってしまうからこそね。

 

うぅ~~~カワイイ!!!!