震えるほど儚く

好きなアイドルがたくさんいます

Shall we #AOHARU? のちまちま感想③

 

  • アオハル~With U With Me~
  • サクラ咲ケ
  • 僕空~足跡のない未来~

Shall we #AOHARU? のアオハルたる所以~!!!!メンズ校という物語を通してこの歌をもう一度咀嚼しているからか、アオハルという歌を通して見えてくるきらめきが、違って見える。色んな角度の色んなきらめきが付け足されてしまったような感じがした。サクラ咲ケは春に歌うにはピッタリで前向きで勢いが良くて見てるだけで元気が出た。「春には大きな花を咲かす」でつい咲かせろ~!!!のモードになった。僕空は、本当に優しくてあたたかくて誰も置いていかないなにわ男子のエンターテインメントのあり方にそっと寄り添っている感じが好きだなぁ。 「友情はメロディ」が世界一映える。

 

  • STANCE

噂のぼーいずびー!!!!!ドリアイのりとるとちび公演のイメージが強いので、こうあの中からグループが出来て歌われるとまた味わいが違うんだなぁと思った。あまりにも未知数でこれからの選択肢が無限大に広がるからこそこわいしわくわくするし、凄いなぁ、未来が手を広げてる。

 

  • 乗り越しラブストーリー
  • ONI-CHAN

ユニット・ソロシャッフルその2…りゅっちぇのキーボード姿を見つめるおおはしさんがあまりにも慈愛で、あたたかいのと声から伝わる温もりがとんでもなくてホットミルク飲んでるみたいな味わい。忙しい中でも新しいものに挑戦し続ける気概と覇気と希望が素敵だったなぁ。

そこからのエンドレスよ…一体何を目撃した??狂乱のONI-CHAN…互いのことを丈兄、大兄って呼び合うのもプリンのくだりも分からなくてサイコーだった。

 

  • ラブマジ
  • Plastic Tears

2日目。STANCE→ラブマジでカワイイにカワイイを畳み掛けられてもうどうしていいか分からなかったんだけど、ちびたちが急に出てくるところで、瞬間移動でもしたのかと思って焦った。だってさっきまでSTANCE歌ってたじゃん…タピオカちゃんたち自分たちに似合うものよく分かってるんだなぁ~。

となると自動的に残されたのが丈くんで、Plastic Tearsのイントロが聞こえたあたりからもう記憶は曖昧なんだけど、1日目の恭平ちゃんのソロみたいにあの小部屋みたいな空間をめちゃくちゃ駆使していてプロジェクションマッピングとかベッドとか、ソロを獲得した者にしか使えない空間みたいになっていたのが少し面白かった。歌の解釈としては大人な雰囲気を出しつつ飲み込まれすぎていない所が良かった。あまりにも顕著なのはいらないなぁ、と思ってしまうタチなので…。

 

 

アイランドフェスのHiHi Jetsをきちんと考えたい②

 

 

  • だぁ~くねすどらごん
  • 情熱ジャンボリー
  • P・A・R・A・D・O・X

だぁ~どらの周りにちびを付けても5者5様なはいはいじぇっつ~~~!!!!!イガリのターンで腕組んでるちびの中に佐久間くんがいたの面白かったなぁ…たもつ…そこから情熱ジャンボリーに繋がっていたの幸せから陽気パーティへのバトンタッチって感じでこの星のきらめき、集めてみたよ!みたいな空気感あったの良かったなぁ…そこからちびの特技披露を経て披露されるのがP・A・R・A・D・O・Xという緩急…いやぁ…5人SugarもしくはSakuraのことしか考えてなかったのですっかり頭から抜け落ちてたもので…正直あまり記憶はないんだけどみっじゅの上ハモは綺麗だったなぁ…

 

 

そこから蒼龍ちあが喋って流れるようにドラゴンフライに行くんですよ…ドラゴンフライ…あぁ…ドラゴンフライ…凄いなぁ…高階とチョクの顔して歌うし、会いたいし、あぁ痛いなんだもんなぁ…''それを海とも知らない''し、 ''それを無理とも知らない'' し、''この胸の穴はあなた'' なんですよ…あまりにも脆くて痛くて胸がぎゅっとするのでなかなかページが進まないんだけど、ページを捲ればめくるほどドラゴンフライの歌詞がふわっと広がってくるの…蒼龍がソロパートがあって、はしみずが上、ゆうぴが下でハモるのも切なさがじんわり広がっていく感じがたまらなかったなぁ。 さくちゃんが少し感情を抑えた感じで、イガリちゃんが感情が入った感じの声で歌うの、趣深い。

 

そこからトゥーザムーンに広がるの狡いねぇ…最後ちょっとほろっとくるかもみたいなこと言ってたけどまさか本当にほろほろ来るような選曲するんだ…はいはいじぇっつがこの世で1番はいはいじぇっつが好きだなぁ、敵わないねぇ…。歌い出しを繋ぐはしみずもさることながら、「羽がなくてもいいよ」「僕達を繋ぐのはJETさ」と歌うのが蒼龍なのも大変グッときた。もうなにより、変わらず今叶える夢のありどころがHiHi Jet(s)なのがいいなぁ 夢、叶えような。

 

そこからせぶんめんとすぺしゃるが出てきていつぞやの帝劇が始まるのテンション上がったなぁ…今年は毎年恒例の帝劇が無いからこそここに帝劇持ってきたのか、事務所の人に帝劇をやらないと1年を終えられない人がいるのか、どっちにしろ懐かしくって嬉しくてワクワクしちゃうな~!!!!!そこからいつものイントロではいはいじぇっつがローラー履いて出てくるの痺れた…もうグループとしてたくさん素敵な歌があるけれど、HiHi JetsHiHi Jetsという歌を歌えるのたまらなく贅沢だなぁ。これがあるだけでグループの自己紹介出来てしまう、まさに名刺代わりのスーパーソングといった出で立ちで…

 

 

はいはいじぇっつのエンターテインメントを最大限楽しみ尽くすその姿勢、サイコーだねぇ、何より凝ってて面白い。

 

 

 

 

 

 

アイランドフェスのHiHi Jetsをきちんと考えたい①

 

 

  • ZENSHIN
  • Attack it!
  • Clap-A-Holics

HiHi Jetsが1曲目にHiHi Jets(曲)を歌わないという衝撃。Island TVで謎のちびを巻き込んだまさかどくんハッピーバースデーを見ていたので、野郎組懐古ソングとして見ていた。冬服の野郎組、見たいね。 いやぁ~~~2曲目でAttack it!やるなんてさ~~~ポップで超楽しいのに言ってることがやたら挑戦的で良い。「笑顔にまみれた大怪獣」みじゅと「外野の言葉はシカトする」イガリが見られたのもう言葉も無く…異様な高揚感に包まれているうちに、流れてきたクラホリに心の安寧を預けた。

 

HiHi Jetsピックアップメドレーという名のハイウェイ・トゥ・ヘブン。これは後でひとつひとつ考えたいんだけど、とりあえずいうならば初っ端のFenceで頭を殴られて、安寧を求めているうちに明日の記憶にたどり着くんだけど綺麗なピアノとさくちゃんの声で夢にうかされているうちに白衣みたいなものを着たみっじゅが出会った順にメンバーたちにお花を渡していき、プリーツスカートにメガネにふわふわヘアのサイコーはしもに狂わされてしまい、自ら「シャレオツ」と名のつくお洒落ソングを軽快に歌うゆうぴ~に敵わなくなってしまう…みたいな。各々の持つ自己プロデュース能力とコンセプト消化の鬼を見ろ…多方面の痒いところに手が届くアイドル、はいはいじぇっつですが?みたいなさ…

 

  • living large
  • Go Higher
  • FIRE!!!

そこからイガリが軽快なステップを踏んで流れるように華麗にローラーに履き替え、心地よいメロディと歌詞と自撮り棒の棒のないカメラみたいなものから映し出される熱が出た日の不思議な夢みたいな感じがもう…ここら辺のセクションは夏から露見されていたはいはいじぇっつ、配信ライブの形を利用するの死ぬほど上手いのでは?を上手く回収されていくような感じがあったな~~~!!!!!Go Higherでゴーグルに映像反射して?よく分からないけど文字映し出させるのも、鏡の中に閉じ込められて赤い光の中で万華鏡みたいになってゆくのも、これ、カムバのコンセプトトレイラーだったら死ぬほど考察したくなっちゃうやつ…はいはいじぇっつ、デビューしたら新曲出す度にコンセプトティザーやらトレイラーやらはマストでやって欲しい…FIRE!!!で炎がビュンビュン出てきた時はビックリしたんだけど、はじめて見る歌が怖くて、定番曲を見ると落ち着く謎の心理状態に陥った

 

  • baby gone

2020年イチ、サイコーコラボ決まっちまったなぁ…SAMURAIでさんっざん暴れた後にローラー vs スケボーでスンッとして車輪対決始めたかと思えば並んでみんなでベビゴン踊り出すの震えたなぁ…楽しそうなんだけど、お互いがお互いを食ってやろうとするギラッギラした感じとここでしか見られないお祭り感と燃え上がる個性の殴り合いみたいな感じがカロリー高くて最っ高だった。各自色んな組み合わせになるんだけど嶺亜さんとみっじゅとこんぴちゃんのトリオの圧が凄くて綺麗な走馬灯見てるみたいだったのと車輪同士で爽快に会場を駆け抜けてゆくのあまりに綺麗だったなぁ。もう今しか見られない空気感がひしひしあったような感じがして。最後もぎゅぎゅっと各々がきらきらしながら笑うのも良かった。出番の兼ね合いもあるのかもしれないけど、すぺしゃるもいたらもっともっと素晴らしいものだっただろうなぁとは思う。

 

 

 

アイランドフェス 11/28 の雑多な感想

 

 

アイランドフェス、個性と色と炎のぶつけ合いって感じでこの1回で済ますには勿体ないほど良くて、なかなかグループを超えたコラボレーションも出来なかっただろうけど、その状況があるからこそ作り出せたこの個性の投げ合い空間だったのかなぁとも思う。

 

せぶんめん、すぺしゃるともにオリ曲2曲目・初オリ曲を歌うその瞬間に立ち会えたのは嬉しかったなぁ~…こんぴちゃんがプラチナブロンドになっててその麗しさに磨きがかかっていたのと歌声が聞けたのも嬉しかったなぁ…スン…としているのも良い 必要以上にキャピキャピするな、こんぴ…。言葉より大切なもの、良かったなぁ…下町でワイワイしてるバンド少年っぽくってさぁ…

すぺしゃるはもう待って待って待って待って…くらいのタイミングでの初オリ曲披露で、思ってた曲の方向とは違って、少しん?、と思ったところは少なからずあるんだけど本人たちの並々ならぬ覇気やら気合いやら嬉しそうな感じを見ているともう何も言えなくなっちゃう。バレエ・タップ・ダンスでガッツリソロの見せ場があったのも素敵だったし、なによりTruthを歌ってくださったの解釈の一致~~~!!!最高の選曲スキル…じゅにあすぺしゃるの歌う「願いは透明なままで…」の破壊力よ…

 

恐らく本日のメイン的立ち位置に居たはいはいじぇっつ、披露曲数も圧倒的に多くてMCもあるし、いつぞやの帝劇みたいにみんなでHiHi Jets歌うし、しかもドラゴンフライ→HiHi Jets to the moon→HiHi Jetsで繋がるのが狡いね~~~!!!!!''この胸の穴はあなた'' の衝撃、5人で歌うトゥザームーン、そこから始まる帝劇…青春を生きる脆さと今を駆け抜ける熱さと強さと希望が一気にやってきた気分がしてたまらなかった。しかも、トゥザームーン、初だしなのか付け加えられたのか新たな歌詞があって、さくちゃんが「羽がなくてもいいよ」って歌って、イガリチャンが「僕達を飛ばすのはJETさ」なの…そうだねぇ、それで本当に残像のごとく駆け抜けていってしまうからはいはいじぇっつは凄いねぇ。あとはなんといっても、ピックアップメドレーでひとり主となって歌うメンバーがいて、その後ろを別のメンバーがサポートするサイコー企画の再来があったんですけど、まさか、イガリチャンが他4人を引き連れてスーツ着てゴリッゴリに着飾ってFence歌ったんですよ…熱に浮かされた時に見る夢みたいだったんですよ…5人揃ってスーツを着てるのも、橋本さんが扇子・みっじゅはハット・さくちゃんとゆうぴ~はおそらく身一つで勝負仕掛けてくるの怖かったし、なにしろ真ん中で悦に入ったように上を見上げ笑みを浮かべるイガリチャンが怖かった…ギャングパロのはいはいじぇっつ…?今すぐそのコンセプトでファーストフルアルバムを出せ…

自撮り棒の棒がないバージョンみたいなカメラで360度映しながらお洒落なのに夢に魘されてるみたいな空間つくりあげたり、凄いゴーグルに映像投影させたり鏡を使って万華鏡・はいはいじぇっつを作りあげたり、配信であることを最大限に有利に使ってその空間をどこの誰よりも楽しんでサイコーのエンターテインメントを作りあげてやろうというその気概、楽しくて前衛的でワクワクするねぇ、自己プロデュース能力にかけては、幾多あるグループの中でも抜きん出たものがあるんじゃないかなぁ、はいはいじぇっつ。生み出すものが面白くてなんの心配もない。あー、はいはいじぇっつがやるんなら、面白いんでしょうね、みたいな安定感というか。

 

このサイコーエンターテインメント空間が1度きりだったの悔やまれるんだけど1度きりだからこその面白さも垣間見えたような気がするなぁ。ハーーー楽しかった。

 

ハイハイ・7 MEN・SPに歌って欲しいK-POP②

 

 

  • Scene Stealer /SUPER JUNIOR

Scene Stealer - song by SUPER JUNIOR | Spotify

ここ最近ずっとこの歌を好きアイドル達に歌わせたがってる気がするんだけど、もうこの3組が揃い踏みするなら、超主役の癖に、誰が1番その場をかっさらって真の場面泥棒的な人になれるかその座を取り合って欲しいんだよな~

 

  • Dream  In A Dream /テン

https://youtu.be/V4gCv1CifJg

これはさくちゃんとタイコーに死ぬほど綺麗にスンッとしつつ踊り狂って欲しい…衣装は全くゴテゴテしくないものが映えそうだし、なんならむだなステージ上の装飾もはずして、本人たちと、ライトと音さえあれば成立してしまうのではないかと思う

 

NCT DREAM 엔시티 드림 'Fireflies’ (24th World Scout Jamboree Ver.) - YouTube

https://youtu.be/h3aP1cxwCyk

これは一定のある青春に思いを馳せるおたく炙り出しソングという設定なんだけど、とにかく夏とかきらめきとか雲とかキャンプワイヤーとか蛍とかそういうものに特化した青春を走る人たちじゃないと見いだせないような輝きのある歌を世界一楽しそうな顔してグッチャグチャになりながら歌ってくれるのが理想。あわよくば、そこからドラゴンフライに繋げて夏→秋の青さのほろ苦さの変遷があるとなおウッとなる。

 

https://youtu.be/7dGwk5-QMpc

これはジュニアスペシャルさん頼んだよ選曲なんですがわたしはどうしてもジュニアスペシャルさんが超お洒落ソングを歌い踊る姿が見たいんだよ…こんなハイスペックスペシャルチームの人たちに、最先端を行くことさせなくてどうする?

 

  • One Last Time / 少女時代

Mr.Mr. - song by Girls' Generation | Spotify

お願いだから大輝 and 浩大とみっじゅがいるんだからメインボーカル大集合タイムがあってくれよパート2。張りつめたような透き通る声の持ち主が集まっているばかりに、悲しい歌を聴きたくなる。

 

  • Fever /DONGKIZ

https://youtu.be/ABFlF4OznK0

K-POPの中で1番楽しい歌がドンキッズのFeverだからです。みんなで踊り狂え…理屈はいらん…

 

  • 90's Love / NCT U

https://youtu.be/A5H8zBb3iao

ネオカルの絶賛活動中、最新曲その①。この時代に少し古いものに良さを見いだしてそれを愛していこう、90年代ラブ…なんですよ…これ、3グループ半分に割ろうとしたんだけどそこまで細かく勤勉には生きることが出来ないので、イガリチャンと矢花と林蓮音くんとタイコーと和田くんはマストで90's Love側の人間でいて欲しい…

 

  • Work It / NCT U

https://youtu.be/Un7choIyl_g

ネオカルの最新曲②。さっきMV公開されたんだけど手放しに楽しくてハッピーで陽気でラブリーで音と振り付けが絶妙に面白い。来年のSMTで東京ドームのど真ん中で歌って欲しい。みっじゅと中村浩大さんと嶺亜さんはここにいて欲しいな~ MVのあの感じが似合いそう

 

  • Black Mamba / aespa

https://youtu.be/ZeerrnuLi5E

こんなのはえっせむおたくとジャニーズのおたくとしての大エゴ以上のなにものでもないんですか、最後に全員で誰が1番ブラックマンバか選手権をして欲しいんだ…全員でブラックマンバになれ…未来を背負うアイドルたちよ…

 

なんだか、夏のはいはいじぇっつがちらちらするような感じがあるらしいんだけども、そうだとするならば、サマパラのPeak→BUTTERFLYを風化させないbotとしてはブラックマンバの次に見たい…それか秋のサイジョニもしくは友達申請でも良し…

 

 

ハイハイ・7 MEN・SPに歌って欲しいK-POP①

 

まだなにわ男子の配信の感想も書ききっていないというのに、すぐそこにハイハイ・7 MEN・SPのどえらい組み合わせフェスティバルが待ってるの~~~!!!!!すごい、どちらかと言えばクリエイティブに特化した組み合わせなあまりに多種多様なコンセプトをこなしてくれそうで歌って欲しいもの・あるいはこのコンセプトまるまるやってくれよ…と懇願してしまうものが多い…ハイハイ・7 MEN・SP,またの名をコンセプト消化能力飛び抜けグループたち…

 

    • Paper Umbrella / イェソン

https://youtu.be/sH0jdWpPv7o 

せっかく大輝 and 浩大に加えみっじゅが同じ空間にいるのに歌に特化した時間を取らずしてどうするんだ…?MVにSM Rookiesの元推しとNCTのジョンウさんがおられて甘くて酸っぱくて切なくてよく分からない感情になるんだけど、そこんとこ表現するのもうまそうな3人だなぁ…と思う。

 

투명 우산 Don’t Let Me Go - song by SHINee | Spotify

すみません、これだけは全員でオシャレスーツにオシャレ傘でさらっと踊りこなしてみな!!!ハイハイ・7 MEN・SP!!!ダンスや歌もそうだけど表情がうまそうな人が多い気がする。その歌のコンセプトへの入り込み能力というか…さ…

 

  • The Crown / SUPER JUNIOR

https://youtu.be/iVzFO-1euU8

欲を言うなら世界掌握するんですか?みたいなオープニング(欲を言えばじぇっつサマパラのまるで東京ドームで単独をしたグループのような強そうなやつみたいな映像付き)で強そうな服着て各々が各々に負けねぇナンバーワンだから…みたいな顔して歌ってるのが見たい 

 

  • 365 FRESH / Triple H

https://youtu.be/8gPQenyj1nI

  • Retro Future / Triple H

https://youtu.be/oT8eXpXymmA

散々はいはいじぇっつにTriple Hになって欲しかったんだけど、登場人物が増えれば増えるほどカオスさと面白さと寂しさと青さが際立つ気がするので3グループで死ぬほどカオス地獄で最高な365 FRESHやらRetro Futureをやりこなして欲しい…これは、コンセプトそのままやって欲しい部類のやつなんだけど、これ、ひとりひとり出会わせてたらみんなが出会うまで30分かかるのでは?という危惧はある。ティザーにしたって30分は長すぎる…な…でも、狂乱のTriple Hコンセプトはサイコーなのよ

 

  • Shine / J-Min

https://youtu.be/vhGeQaqdkhw

せぶんめんにめちゃくちゃ本気で歌って欲しいんだよな~…希望は侍唄→Shine→サムダマ

 

  • FOOL / NCT 127

FOOL - song by NCT 127 | Spotify

わたしはじゅにあすぺしゃるさんのことをどうしてもお洒落ダンスミュージックグループとして売り出して欲しいエゴがあるので、めちゃくちゃ踊れるのは承知の上でシンプルな振り付けとゆとりのある表情で勝負をかけてほしいんだよな~…「僕らこれだけやっても余裕ですが」みたいな顔して欲しい

 

  • Why So Lonely /Wonder Girls

https://youtu.be/PYGODWJgR-c

グループの垣根を越えたコラボがあると想定の上で話を進めたいんですが、こんぴ・みっじゅのツインボーカルで怨念Why So Lonelyが聴きたいんだよねぇ…

 

 

 

 

 

 

 

いろんなブラックマンバがあるのよ

 

https://youtu.be/Ky5RT5oGg0w

デビュー・ステージという扱いらしい。蛇も出てくるし最後に当たり前の顔してae-のアバターたちも出てくる。冒頭の限界カラフルポップ地獄の中でレインボーの厚底履いて死ぬほどキメてるエスパが良すぎて、良い意味で俗世にある楽しいこと嫌なことのその全てを忘れてしまえそうなアクの強さと見るからに毒成分強そうな感じが好きだった。後ろにいる人たちの服もみんなカラフルで変で素敵。そのカラフル地獄空間の中で踊るブラックマンバも見たかったな

 

https://youtu.be/w2GXdb-pHo8

こちらは、テレビ初歌唱。ひらひら・ふわふわのドレッシーな感じだけどセットは超毒々しい何より出勤時の本人たちが新人感皆無のノー・キャピキャピ貫禄を漂わせていて最高だったのと、バックステージでダンサーのお姉さま方やメイクさんに可愛がられているようで安心した。向かい風なんて、なんのその、でいて欲しい。お祈りそっちのけでケーキに夢中なマンネ・ニンニンのマンネ力があまりにも良かったな。おいしいものたくさん食べてほしいもん。

 

https://youtu.be/yQUU29NwNF4

この日のスタイリングは4人とも星を捕まえたみたいなきらっきらの衣装着てるのが好きだったなぁ。これから5年くらいかけてこの世の全ての星を集めてそれを身に纏った後に、天下獲ってほしい。ここらへんで、いつもメンバーの中では可愛い寄りのスタイリングっぽいし、なんとなく見た目が妖精さんみたいな忍者担当・ウィンターさんが実は一番肝が据わって強そうなのでは…?と思い始め、カリナさんの可愛らしい1面がちらちらしてきて、抱きしめてあげたくなってくる。ジゼルさんはやっぱり強そうだし、ニンニンは(佇まいが)女優に見えてくる。

 

https://youtu.be/VP4HFcIqHFc

ここに来てカラフルポップ地獄衣装が登場。やっぱりカラフルを身に纏うエスパは空気のゴテゴテカラフル地獄感が堪らないな~この日、1位候補に挙がったのも嬉しかったなぁ…いつか、1位取ってわぁわぁしたいねぇ…そうだ、この日の出勤で遂にファーを着てきたニンニン、世界一ファーが似合ってて思わず拳を突き上げ突き上げたな…目力と纏う風格が女優…この日あがったオフショット、ジゼル・ニンニンが両端から手を伸ばしてハートを作ってたりウィンターさんがカリナさんの耳食べようとしてたり、4人並んでキメキメと少し変の狭間のポーズをしてたり、いとしくて楽しくて、サイコーになっちゃった…ジゼルさんのエクステを食べようとするカリナさん…カワ…

f:id:pcypcy:20201125223611j:image
f:id:pcypcy:20201125223600j:image
f:id:pcypcy:20201125223620j:image
f:id:pcypcy:20201125223603j:image
f:id:pcypcy:20201125223617j:image
f:id:pcypcy:20201125223608j:image

 

デビュー曲だし、すぐ後続曲がある!とかでは無い限りは長めに活動してくれると嬉しいし、もうすぐネオカルの90's LoveとWork It組もカムバするし、先輩シティ・後輩エスパも見たいじゃない…1位のアンコールでウィンウィン・ヤンヤン・ニンニンの並びも見てみたいじゃない…

 

 

 

Shall we #AOHARU? のちまちま感想②

 

 

  • 7Stars

なんかエレクトロニクスミックスの概念みたいな要素が加わってピコピコしてたのと、2 Facedの余韻のままで、ながおさんが死ぬほどキュートなもちもちツヤ肌スマイルで煽ってらっしゃるので情緒が!!!ほとんどこの歌でしか使わない7つの星のステージを可愛く活用してるのも相変わらずひとりひとりの仕様に合わせて枠と文字が変わるのも凝ってる~~~!!!!!

 

マッタンにリオンくんと藤森くんがいてお兄さん方のスキル満点なダンスに追いついて少し余裕さえ覗かせる顔で踊るの凄いな~~~!!!!!楽ちゃんと福井くんにはソロパートがあって、ハスキーな楽ちゃんと伸びや可で透明感のある福井くんがお互い違ってとても良い…2人でべっきょんさんのLove Againを歌って欲しくなった。

 

  • Eternal
  • ConneXion

一日目のソロ・ユニットセクション。ワイルドアットハートのユニークで楽しくて余裕のある空気感から、Eternalの優しくてあたたかな流れが綺麗だった。まさか、恭平ちゃんのソロがそこでやってくるとは思わず、しかもこんなにガッツリまっすぐに歌ってくれるとも思わず、それがあんなに優しくて綺麗で心がぽかぽかしてきてたまらなくなっちゃった。それまでずっと暗闇の中にいたのに、僕の未来を照らしてる~で光いっぱいのステージの方に手を伸ばすんだよねぇ…明るい未来全て、ステージの上できらきらしていられたらいいねぇ。飾らずにありのままの優しいきょへがちらちらしてるの、とても良いな。

そこからやってくるのがクールでキメキメみちながなの本当に緩急…!!1公演目は特に2人ともカラコンでおそろしさが増してるのと酷く綺麗なのに歌い方が割と無機質で心がどこにあるのか分からない感じがまた彩度低めのきらめきを放ってて目の中に無駄な光を一切灯さないの…すごいトリオの表現の成長が見えた時間だったなぁ…と思う。

 

  • ALIVE
  • Letter

まさか2日目で全く違う組み合わせをぶつけてこられるとは思わなくて、この何が来るか全く予想のできない感じこのワクワク感と胃の痛さ、楽しかったなぁ…。おおはしさんと並んでゴリッゴリEDMに乗せてバッキバキダンスを踊り歌いで食らいつき、ハモるのでメボか…?となった。なにわ男子の中で歌もダンスもおおはしさんがトップオブトップに君臨してるのは大前提として、恭平ちゃんの声もなかなか良い味出してるし魅力的なクセのある声もだと思うので、歌を支える恭平ちゃん、良いのでは…?何度でも言いたいけどあのゴリゴリダンスは衝撃的だったなぁ…スカしのきょへだとおもってた節があったので。

そしてみちえだいごのLetterだよ…あたたかくてふんわりしていて優しい調べの誰も置いていかない時間がゆっくり流れていくのがとっても良かったのと、1日目・2日目通して楽器に挑戦する年下・それを見守りつつ一緒に歌う年上という構図がなんともあたたかさに溢れていて、これこそ愛だねぇ…愛がきらきらしているねぇ。

 

前半のソロ・ユニットはトリオの成長が垣間見得る瞬間がたくさんあってそれがあまりに強くてこちらの気持ちがふわふわしちゃうのと、この新たな強さがちらちらするトリオにどうしてもHighway to Heavenを歌って欲しくなっちゃった…

https://www.youtube.com/watch?v=1eekOcpx_iQ&feature=share

MVも良いんだけどトリオが歌うならネオシティのVCRバージョンの方がイメージに近いかなぁ…

 

 

 

 

 

絶対にスター

 

 

 

https://youtu.be/A5H8zBb3iao

 

NCT RESONANCE Pt. 2 - The 2nd Album - Album by NCT | Spotify

 

f:id:pcypcy:20201123220447j:image

90's Love,何もかも手放しで楽しくなれちまうサウンドと古さと高揚感、問答無用で楽しくてハッピー!!!!!!!

 

このTaste the Feelingの思ひ出が甦ってくる90's クールキッドたちとギャルクイーン・テンみたいな写真が死ぬほど好きで、ホッケーみたいな写真とPunchのいとこみたいな写真はスルーしてたんだけど結構、特にホッケーはめちゃくちゃMVに関係してた。見えないフリしてごめんな…無限的我みたいな古さのMVの90's Loveを渇望していたのでホッケーか…ラミライみたいだなと思いつつ、ほんとうにラミライのはとこみたいな感じもあって古傷が疼いたんだけど、そんなこと吹き飛ばすくらい楽しくてワイワイしてて90年代のかほりが漂うサイコーさと、なんといってもすげぇラップするしすげぇ歌う。ヘチャンテンがハモる姿を見られるなんて2020年悪いことばかりじゃ無かったのよ…しかもこれ、RESONANCE part2だと90's Love→Misfitなのでもう確約されたサイコーなものがそこにあってまた一生90's Love→Misfitから離れられなくなっちゃうじゃない…あわよくばカセットテープとかで聴きたい。RESONANCE パート2 カセットテープverあったら即買い足しちまうよ…オールドファッションなものを古いと笑い飛ばさずにそこに新しい浪漫をみつけてゆくのも90's loveのloveがありきたりな恋愛のloveではなさそうなところも、歌詞にフレンズが出てくるのも嬉しくて…さ…

 

90's Loveを聴くとMisfitを聴かずには居られなくなってしまうし、矢継ぎ早にどりぃむのLove Againを探すし、ドンキッズのY.O.UやH.O.TのWe are the futureなどを聴き、結果的に倉木麻衣Love, Day After Tomorrowに拳を突き上げているので早く音楽番組に出てゴリゴリ90'sサイコーファッションしてる90's Love組の皆さんが見たくて見たくてウズウズしてるのと、リーダー・ウィンウィンをはじめ、メンバーがオモロっぽいのも良い…早くヘチャンヤンヤンで結託しておにいさんたちのこと困らせな…

 

90's Love,何度聴いても「絶対にスター」に聞こえる所があるのとMVの最後にぐるぐる回りながら上を見上げるチィがいるのがこわい…最近のえっせむのトレンドのえっせむ・カルチャー・ユニバースみたいなアレだろうけど、チィは物憂げな顔をして上を見つめるだけで宇宙が表れるのが凄い。ネオカルの物語はテヨンが軸だけど末っ子・チィの物語が裏軸だと思うんだよなぁ~…どりぃむだと明らかにチィはキーマン的な役割だし…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Shall we #AOHARU? のちまちま感想①

 

 

ハーーー終わったな~~~終わってしまったんだな~~~全体としては今夏のドリアイよりも彼らの見せたいもの、歩んでいきたい道標、そして未来がわりと明確に示されたのかなぁと思いながら眺めていた。なんだかいっそう楽しそうに心からきらきらする場面も増えたり、大橋さんや丈くんが本気を見せられる局面が増えて、年下ラインたちが積極的に喋ったり、おっと思うような選曲をしていたり目が回るような忙しさの中で手に入れたものをぎゅっと握りしめて大量のきらめきにして飛ばしてくれているような感じがした。ここでグングン成長する年下ラインたちがいるというのも、「強さ」なんだろうなぁと。

 

  • Shall We?
  • KAGUYA
  • Sakura
  • 2 Faced

和服でキラキラで、Shall we #AOHARUたる所以のセクションが冒頭にしてやって来るの、本当にコンセプト厨にはたまらない所だけで、まずShall we?→KAGUYAの流れはドリアイで予習済みではあったんだけど和服で見るのと見ないのとでは大違いなのと、1日目、和服で登場なさって、カラコンを装備なさったみっちが映った時、あぁ、これはどの夢の段階?パラレルワールド?とコンセプト厨が顔を出さずにはいられない展開でほんとうに…!!!しかも!!!KAGUYAは和服に和傘できらきらまで降ってくるんですよ…まだ2曲目で…しかも映像も撮り方もキラキラもお金かかってる凝ってる感じので…いやぁ…ライブで降るキラキラはアイドルが放つキラキラが可視化された文字通りマジカルな瞬間として認識しているのでKAGUYAでキラキラが降った時、なんとも言えない気持ちになったなぁ…それだけでは飽き足らず和服を脱ぎ捨てSakuraを歌い出すというコンセプトの一貫性で、今回のセトリの中でも一番好きだった。ダントツで

 

Sakuraという楽曲自体の強さと切なさと希望と絶望の絶妙に共存しているあの感じも堪らないし、あの回る四角のステージ(この時点では回ることは知らない)やモニターに桜が舞い散るような映像を流しつつスタイリッシュに歌いこなすの…!!!!なんと言っても、例えば~が大西畑、傷つく~で丈橋、最後になぜだろう~でトリオの組み合わせで出てくるの、確定された「良さ」のある組み合わせであるからこそのふつふつと湧き上がる思いが駆け巡るのと、そこのトリオがなんとも強くて確かで心強くて綺麗で自然と拝むポーズになる。角度的にながおさんのアイシャドウ・カラコンが綺麗に反射して見えるのも狡かったな。

 

2 Faced,一貫してモノクロで乱れた映像の中で始まって、サビで色付けられてゆくとコンセプト厨としてはどちらかの顔の存在する方に閉じ込められてしまったみたいですぐに考察したくなる。超難解MVが欲しい。

 

 

 

Shall we #AOHARU? の雑多な感想

 

ハーーー濃かった…これを3月にドカンとひとつジュニアとしての集大成のようななにか一区切りつくような瞬間が垣間見えるような瞬間と、Shall we~仕様の和テイストのオープニング、ソロ・ユニット、畳み掛けるようなホスピタリティ・やさしいエンタメ、畳み掛けるようなオリ曲、激重ビデオ、あたたかな新曲、さらには新グループ結成と本当にぎゅぎゅっとしててカロリー高かったなぁ…

 

見せたかったもの、目指していきたいもの、そして未来。みたいな感じの空気観とか、もうあの2018~今日までのなにわ男子の歩みをあんなに重重とした語り口で結構長尺とって、昨年のアオハルツアーの大倉くんのサプライズまでたっぷり映像にしてくれて、そこからみっちが丁寧に言葉を紡ぎ出した後に新曲と…いやぁ…あれはみっちでなければあんなにまっすぐな歌は書けないのだろうような気がする。とにかくあたたかくてまっすぐなんだけど、苦しかったこともあって、でも今は横を見れば君がいるから未来へみたいな感じで、なんとなくみっちの維新を歌を通して眺めているような気分になった。

 

いや~、みちなが・はしりゅちぇ・エンドレスという組み合わせで、恭平ちゃんがソロでEternalという曲を歌うんだけど、はじめは暗闇の中に座ってるんだけど段々立ち上がって、歩き出して光が見えて、その光に導かれるように階段をのぼってステージの上へと移動するんだけどそのステージがまぁ星なのか光を表しているのか綺麗で、星に飲み込まれた少年みたいになってるのと、元歌のことよく知らないので、恋愛的な解釈のあたたかな宇宙的な歌なのかなぁと歌詞を解釈してるんだけど、それを歌う恭平ちゃんを通して見ていると恋愛感情云々と言うより大きな祈りの歌のようなか感じがしてきて、あたたかくて優しくて愛に溢れた彼自身のじんわりしたところが染みてあたたかかった。本来披露されるべき時期から大分時間は経ってしまったけれど今の状況下で聞くからこそ、歌うからこその思いはあったのかなぁ。綺麗でやさしくてあたたかくてぽかぽかした。

 

まだ明日もあるしもう今日の1番のビックリと言えばこれひとつ、Boys be…ボーイズ・ビー…

 

分からないところは多いけれど、いよいよりとるちゃんより下の世代の台頭で未来への継承か…と。散々夏のSTANCEでほろほろ来たのでこのグループで光を浴びたもの、浴びることが出来なかったもの、その未来を感じながら見てしまい目がカッピカピだがまだ明日があるんだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモラブ 6話

 

 

#リモラブ ~普通の恋は邪道~|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 - 無料で動画見放題

 

【公式】#リモラブ〜普通の恋は邪道〜12/2 第7話 on Twitter: "初めて2人の時間🍜🍜を過ごした #美々先生🍃と #あおちゃん🍋 #壁ドン からの! #壁ドン返し 告白を何度でもご堪能ください🍃🖐➰🍋🖐 そして! 【#5分で胸キュン♥️第6話振り返り】配信中🍃🖐➰🍋🖐 https://t.co/qbdy5ctP3g #リモラブ #壁ドンからの壁ドン返し #青林沼 #ハマってください… https://t.co/s4bFZsN1IX"

 

やっと檸檬と草モチ…青林と美々先生がお互いの招待を認識してぎこちなくも超困惑しながらも少しずつ少しずつ思いを伝え合う、回…?

前半はずっと我孫子ちゃんがいるのに草モチに結構思わせぶりなメッセージを送る檸檬のことをあまり気持ち良い気持ちでは眺めていなかったんだけど、いやぁ、檸檬ないし、青林ダメな所もあるし信じられないくらい優柔不断というか考えすぎだなぁと思うけどとにかく優しくて超がつく良い奴で、このせかせかした世の中に青林みたいな人がいることでパッと光がともるような気持ちになるというか、スローペースな感じが良い安定剤になるような気がして。2人でラーメン食べる時に、胡椒を入れてあげる話をきちんと覚えてて本当にやってくれるの、檸檬と草モチの世界を飛び出して青林と美々先生の感情がお互いぽろっと少しだけ溢れた感じが良かった。ごもはそんな2人の背中を優しく少しだけ背中を押してくれようとする感じがあたたかくもごも推しの人格としては고모야…案件で。でも、ごもは美々先生のこともすきだけど、友よ!の青林のこともすきで、カルテットみたいなことを言うけど好きな人の好きな人も好きな人みたいな感じなのかな。

朝鳴・富近もなかなか良い波動で見ていて面白いので急接近したの、嬉しかったなぁ

 

自他ともにバカップルの八木原ァと栞は2人して一生懸命青林のことを調べて教えてあげたりがんばれがんばれ!って背中押したりとにかくずっと一生懸命ですこやかであれだけラッブラブなのに嫌味がなくて爽やかで心が綺麗になってゆく気分がする。でも壁ドンする時の八木原ァの目はちょっと宇宙から帰って来れなくなっちゃう…2人の壁ドンが6話の最後の伏線になっていたの、なんだかよく分からん影響を美々先生に与えてしまってて面白かった。

 

 

 

 

蜻蛉が何だって?

 

 

音楽ナタリー on Twitter: "HiHi Jets「ラジオっていいね」キャンペーンアンバサダー就任、ラジオの魅力を発信(コメントあり) https://t.co/BKfjNXlZm0 #HiHiJets… "

 

HiHi Jets「ラジオっていいね」キャンペーンアンバサダー就任、ラジオの魅力を発信(コメントあり) - 音楽ナタリー

 

朝からなんちゅうことがわきおこっている?????

 

HiHi JetsでTOMORROW PROJECT 『ラジオっていいね』の公式アンバサダーに就任する

f:id:pcypcy:20201119101818j:image
f:id:pcypcy:20201119101814j:image

 

・オートリバースのテーマソング『ドラゴンフライ』をHiHi Jetsが歌い、オートリバースの原作者が作詞

 

・オートリバース」は1話完結の約1時間番組として、12月7日(月)から12月13日(日)の期間中、順次オンエアされる。またradikoでは12月7日(月)から12月20日(日)に放送とは異なる約20分のエピソード11本がオリジナルコンテンツとして配信される。

 

それでトドメのこれ。

f:id:pcypcy:20201119102133j:image

まだ原作未読なんだけどなに、この同じものを見ているようで違うものを見ているような少しほろ苦い青さの香りがしてくる写真…さくちゃんがやわらかく笑っているとそれだけで泣いちまう癖があるんだけど、背中あわせでいがりちゃんがいて、いがりちゃんも柔らかい顔してるのホントいいな…

 

はいはいじぇっつのラジオ向きさ加減は、あんことバターの調和性くらいあるのでこりゃあ嬉しくて楽しくてだいすき!になっちゃうよ…このアンバサダーという大役が未来のはいはいじぇっつ冠深夜ラジオ番組に繋がるかもしれないもんね~~~3時間ゆるだべりはいはいじぇっつが実現しちゃうかもしれないもんね~~~強欲よ、ここぞとばかりに強欲に行きたいのよ。だって、ラジオとはいはいじぇっつサイコーだもんねぇ

 

はいはいじぇっつのみなさんの新曲を貰うスパン凄いんだけどそろそろデビューアルバムがフルアルバムでも足りないくらいあるんだけど、もうなんてったって題名からほのかなほろ苦さが漂うのがなんとも良い。ドラゴンフライ、蜻蛉…それを歌うはいはいじぇっつが5人とも秋生まれなのもなんだかシンパシーを感じるというか秋生まれの人達が蜻蛉の題の着いた歌を歌うなんてなんとも趣深くない?

 

これは超勝手にシンパシー感じて聴き込んじゃってるだけなんだけど、NCT DREAMの歌にFirefliesという歌があってね…夏の終わりキャンファイヤーでもしながらこんなことがあってね、あんたことがあったね、少し離れてしまった人もいるけど確かに君もここにいたし、僕がその道を照らす灯りになるよ。でも、ぼくときみで夢を見続けるんだ、さあ行こう!って手招きして僕らは奇跡を起こせると歌うんですよ…その明るい未来を信じてやまない感じさぁ…ねぇ…しかも蛍なのがなんともいじらしいというか夏の明るいキラキラした感じじゃなくてほのかに香る切ない部分にフォーカスしてる感じが本当にさ…

NCT DREAM 엔시티 드림 'Fireflies’ (24th World Scout Jamboree Ver.) - YouTube

 

ずっとFireflies見たり聴いたりしながら予行練習してるけどもういっそ全然違う尺度でもそこから見る面白さがあって思慮深いねぇと思うだろうしはいはいじぇっつが蜻蛉の名のつく歌う、ただそれだけで世界は永遠ハーモニーです

 

 

 

Hi Tube 11/15

 

HiHi Jets【入所日㊙︎話】ジャニーズ入所後の年表作ってみた! - YouTube  

 

これはずっと聞いてたいタイプの動画だなぁ~~~この前のせぶんめんのYouTubeでもオーディション秘話の回があって矢花が4回オーディションを受けた話とかジュニアには3タイプあるよね…とかかなり興味深い話が繰り広げられてて一時期夜な夜なずっと見てたんだけど、このせぶんめんの回をしっかり見ておくと今回のはいちゅーぶを見た時の趣深さはかなり増すのでは無いかと思う。個人オススメは侍オーディション秘話・今回・プール後の国語の授業的空気感ではいはいじぇっつ的色んなナンバーワンを決める回のフルコース。

 

本当にただ入所順にオーディションの時のエピソードを話してるだけなんだけどエピソードが強いというかひとつひとつのパンチが大きいのと単純にはいはいじぇっつの人達、楽しそうに話すなぁとそれだけでにこにこした気持ちで眺めちゃう。オーディション後即グループ入りが決まったり履歴書のプロがいたり記念受験でノリでジャニーさんに話しかけた強者がいるなかで「スカウトですので」がいるの強いねぇ…いがりちゃんが誘われて行ったジャニワ、結局また行ってるのもそこでジャニーさんにメロンソーダ奢ってもらうのも表現の世界がいがりちゃんに向かってきらきら手招きしてるみたいでなんだか良いな…

 

冒頭に最近個人仕事が多いので…と本人たちも話していたけどこのタイミングで1度今からはいはいじぇっつを知った人でもわかりやすい!はいはいじぇっつ入門編!的動画を作ってくれたの賢いな…公式に作られた最強のはいはいじぇっつのダイマですよ!!!!!

これ、いまのところはしみず入所からゆうぴ~入所までなので来週ははいはいじぇっとが出来て紆余曲折あってはいはいじぇっつになりという流れを話すんだろうけどもう今週分だけでこんなにワクワクするのに彼らの物語がきらきらと動き出すのはそこからで、あくまでも今週分ははいはいじぇっつ・プロローグ的な感じなんだなぁと思うとなんだか本当にこれからヒーローになりゆく人達の伝記を紐解いているような気分になる。入所もこんなに差があって経験値もフィールドも違う人達がこんなに最高の組織となり得るその全てとは行かないまでもその過程を少し知れるしなによりさくちゃんが加入した時の話を世界一嬉しそうな顔して話すはいはいじぇっつと恥ずかしそうに聞いてるさくちゃんが好きなのでいやぁ…はやく後半見たいなぁ…さくちゃんが入ってくれて本当にはいはいじぇっつが良くなったという話を何度も何度も聞くけど本当に良くなったんだろうしそれをいつまでも嬉しそうにしてるはいはいじぇっつの心がダイヤモンド。

 

わたしは強欲なので前半・後半と言わず3時間くらいぐたぐたゆるゆる喋ってるラジオ・はいはいじぇっつが見たいねぇ。シンプルに喋りだけでウィットに富んでるしかなり盛り上がった模様で都合上カットしてるところもあるだろうし、なにしろ安嶋さん入所が律儀に記入してある所も気になるし、なにしろ!!!来週は!!!はしみずパイセンのスゴ経歴の話もバンバン出てきそうだしおそらくはいはいじぇっつ結成にも触れるので、ほぼほぼ今週・来週は歴史資料といっても過言では無いかもしれない。(過言ですよ)

 

https://youtu.be/MnkgYPUd8R4

7 MEN 侍【僕たちがジャニーズに入った理由】ラジオ企画でドッキリも! - YouTube

合わせて見るともっと今週・来週ののはいちゅーぶが楽しくなるよ 2選

 

 

ブラックマンバとは何だったのか

 

 

https://youtu.be/ZeerrnuLi5E

 

 

結論を言うとブラックマンバの概念とはなにか多分あと5年くらい見続けてみないとよく分からない。多分この曲でめざすところは分かりやすくカッコイイダンスナンバーに全振りしてるところなんだけどMVとコンセプトがとにかく分かりにくい。曲はまだ分かりやすい要素がひらひら残されているのにコンセプトでその分かりやすさをぶった切って分かりやすくしたいのか難解にしたいのかそこの線引きすらも難しくして来る感じが面白い。毒蛇というよりもウチには品行方正の良い子じゃなくこんなクイーンもいるんですが?みたいな覇気を感じる。そこら中に色と柄とカラフルキラキラネオポップ虚構インターネット世界と無機質ワンダーランドと突如毒蛇になるカリナと意外と空気のアバター、しかもMVがロゴとドゥーン音で終わったかと思いきやクイーン・BoAさんが現れるので死ぬほど濃い。

 

 

冒頭のこの世の色全て集めました空間と衣装と4人の凄み、限界カラーにエスパが負ける気が無さそうなのも既に強そうで良いしやはりニンニンのいる渦巻くハートとか薄い紫のキラキラポップ虚構インターネット世界が1番ワクワクするなぁ…あと蛍光緑衣装で踊り狂ってるところのジゼルさんの凄み具合が後方にいるのに世界一で楽しくなった。これくらい尖っているから賛否あれどエスパは面白い。そういえば、ピンクマスクの集団のトップに君臨するピンクヘア・ジゼルさんというサイコーシーンがあったのに、数万色 最強で𝐺𝑙𝑎𝑟𝑒な𝑭𝒍𝒂𝒕 𝐼'𝑚 𝑜𝑛 𝑖𝑡──が無かったのだけは地団駄踏んだ。ここでさせないでどうする、ここ以上に数万色 最強が映えるフロアある?(フロアではない)

 

f:id:pcypcy:20201117225414p:image
f:id:pcypcy:20201117225430p:image
f:id:pcypcy:20201117225410p:image
f:id:pcypcy:20201117225418p:image
f:id:pcypcy:20201117225423p:image
f:id:pcypcy:20201117225405p:image

 

MVの最後でよく分からないモザイク透明のインターネット空間みたいな人がヌルッとでてくるのが何より怖くてそこで記憶なくしてしまうんだけど、あそこは一体なんの暗喩なんだろう。次回作のスポなのかひいては次回作活動時で新メンバーが加入するとか…?

 

f:id:pcypcy:20201117230211p:image
f:id:pcypcy:20201117230215j:image

 

エスパ、虎視眈々とキラキラしながらスター街道駆け上がりな~~~!!!!